« 恋と★猛暑と★ウエストサイドストーリー | トップページ | BODY&SOUL »

2004年07月28日

信念★ゴルフ★男女不平等 

 中学生の頃先輩だった人が、自分のかみさんの高校時代の友人で、27年ぶりに再会した。不動産屋さんの彼は、事務所の物件に関していろいろと協力してくれた。左利きでゴルファーの彼は偶然左利きの僕をゴルフ練習場に連れて行ってくれて、初歩的なことからいろいろ教えてくれた。結局、なんとなく彼についてゴルフ練習場に行ったこの日を境に、生活が一変してゆくことなどその時は考えもしなかった。


 気がつくと僕らは、毎週のように練習場に通うようになっていて、あっという間にゴルフにはまっていった。自分でも気づかないうちに自然にゴルフトークが多くなる。すると今度は「実は私は、、、ハンディー、、、で、、、」と、周囲にゴルフをやっている人、というより結構はまっている人が沢山いるのにびっくり!みんないろいろな説考え方、技術を持っていて、話し始めると止まらない。それぞれの人が確固とした信念で固有の信念をもって教えてくれるのだが、これが素人の僕らにしてみると、一層の混乱の元になってしまう。でもこれだけ多くの人が、熱くなるゴルフって不思議だ。一体なんだろう?

 最近 宮里藍という新人の女性ルーキーが出てきた。彼女は軽々とドライバーで270ヤード飛ばすらしい。プロの大会に出場して優勝したりまでしている。ゴルフと言えば、昔は、男女不平等の極みともいえるスポーツだったとおもう。それを如実に感じたのは、ある名門のゴルフ場に行ってからだ。施設内の女性用の風呂場などは、取ってつけたようで全く今風の女性客むけの配慮がなく、一緒にいった女性陣たちからはチョーブーイングだ。当然ながらラウンドしているもの、レストランにいるのもほとんどが会社役員風の男性陣だ。コースにはレディースティーはあるもののその日はあまり使われていなかった様子だ。そして日曜なのにコースも施設も閑散としていた、しかし、上級者にとってはそれがステイタスのようだった。7月半ばなのにお盆以上の真夏日が続く中、おじ様たちはハーフでやめて、お帰りのようだった。あるグループの中高年の男性は、熱中症にかかり救急車で運ばれたらしい。

 少々東京から距離のある千葉、茨城エリアなどは、不景気のおり少しでも客数を増やすために女性向けのサービスが充実し、ドレスコードも甘くし始めているらしい。ゴルフ雑誌も、女性のためのゴルフ講座やサービス充実のコース案内をタイアップさせた企画ページを結構充実させつつある。元気いっぱいの女性達はきっとゴルフ場も、日本の有名温泉のように攻略してゆくことでしょう。そして、またおじさん達だけの居場所がなくなって行くのかな?

10:39 AM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42811/1061012

※寺門さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です: 信念★ゴルフ★男女不平等 :

» スウィングジャケットとインパクトビルダー [おっさんのゴルフ日記 から]
昨日は仕事がらみで名古屋に行った。夜は食事&飲酒の予定だったので早朝からSJを持 続きを読む

受信 Nov 27, 2004 4:22:14 PM