« PSPみんなのGOLF GET★ | トップページ | あっ★食べる物がないッス(;_;)ダイエット! »

2005年01月27日

『たたかうからだ』

たたかうからだ
たたかうからだ しなやかでカッコイイからだをつくる50のレシピ
小学館
2002/7/1

「オトコ版の『かわいいからだ』を作りたい!」とタク先生のもとを訪れた若い男性編集者の熱意から生まれた『たたかうからだ』。骨盤の開閉論をベースにした「男のからだ取扱説明書」です。「男の生理」や「睾丸周期」ほか、「触覚を開発すれば男女問題はすべて解決!」など女性にとっても彼と今よりもっといい関係を築くためのヒントがいっぱい。

「ちょっと賢い女性は彼氏に読ませたりしてるみたいなんだけど、男子の間で話題になるところまでは行けてないので残念!」と悔しがるタク先生ですが、この本での経験を活かし、もう視点は次なる方向へ……。
「結論としては、男は自分のからだより、断然経済に興味があるってこと!だって、単純に言うと昔々から女性が男性に求めるのは、素敵なものを買ってくれるか、美味しいものでおなかを満たしてくれるか、車で(なかった昔は馬車で)迎えに来てくれるかでしょう?男は自分のためよりも、女性のためのほうががんばれる生き物だからね。」

ということで、現在タク先生は月刊「宝島」で「もうかるからだ」を連載中。「もうかるからだ」は、タク先生いわく「肉体的ビジネス書」なのだとか。
お得な情報が満載なので、男性の皆様に是非&是非読んで頂きたいとの事。

「たたかうからだ」は、自分自身の気持ちよさを素直に感じられるからだのこと。
「その男性編集者は、この本を作りながらぐんぐんかっこよくなっていったんだ」とタク先生。からだの快感センサーを鍛えて、いきいきとしたカッコいい男性が日本中、世界中に増えたらうれしいですね!

05:43 PM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42811/2713207

※寺門さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です: 『たたかうからだ』:

» 男子の不思議 [恋せよ乙女 から]
「三つ子の魂百まで」といいますが、小さい頃の強烈な記憶は、 大切な教えとしてず〜と生きていますよね。 私には2歳半違いの弟がおりますが、彼がよちよち歩きの頃です... 続きを読む

受信 Feb 3, 2005 12:34:22 PM

» 仕事帰りに・・・ [A Razor man, Scissor hands. in akros から]
今日は仕事を早く終え、新宿の本屋に。ここ一週間さがしてた(たたかうからだ)寺門琢己氏著 とゆう本を探しに。『絶望に効くクスリ 4―ONE ON ONE (4)』山田玲司氏・・で紹介されてて、どうも気になってた。自分的にけっこうツボ。山田玲司氏のコメントで気になって、気... 続きを読む

受信 May 19, 2005 1:27:57 AM

コメント

 去年の夏から先生の本を買い始めて、今はたいていのものがそれっています。
 自分について女性について理解するのに良い本って、あまり見かけませんでしたので、新しい視点にずいぶん助かりました。
 頭だけで余計な事を考えすぎるより、体全体で考えて動いた方がうまく行く。
 最近、直観(直感ではない)や intuition という言葉をよく見かけるのですが、そこに連れて行ってくれるきっかけになります。
 内観もいつもその手の本を読むわけにもいかなくて、先生の本を手にとると日常の流れからそっちに入っていけました。
 『もうかるからだ』、いい形で早く出版される事を願っております。


投稿者: 先生を尊敬してる。 (Feb 6, 2005 7:12:59 PM)

コメントを書く





Insert Emoticon