« おはか参り と 内観 | トップページ | うっとりするからだ おとなの女のキレイを磨く »

2005年03月26日

うっとりする…ワンコロ =^_^=

wankoro子供の頃から、動物とは比較的仲良しだった。
前にも書いたけど、歩いていて伝線の上から
怪我した鳩が落ちてきたり、、、
弱った猫が団地の階段の下でミャーミャー鳴いていたり
少しかわった体験はしていたと思う。

特にインコとの縁は深く27歳のある出来事がおこるまでは、
インコと暮らしていなかった事がなく、一時期は10羽位と
暮らしていた。
僕が目をキラキラさせてインコの話をすると、口の悪い友人は
「タクは、インコのトップブリーダだ!」と
人をからかう(・・;)

この数年街を歩いていると散歩中の犬が近づいてくるようになった。
僕の子供の頃は、街を狂犬が歩いていたものだが、
最近の犬君たちは、外見もきれいにSETされていて
沢山の愛情をもらって育ててもらっているからか
かわいい子が多い。
ついつい僕も腰をかがめ撫でてあげる。

そうすると、、、みんな『うっとり』とした顔になり
お腹をだして仰向けになってしまうのだ。
中には気分を害する飼い主さんもいて、特に同世代の男性は
無視したり「この子は俺意外にこんなカッコする事ないんだけどな~」等
言われる始末。怒ってるのかな~?^_^;

先日のお墓まえりの時も、お彼岸で忙しいお寺の犬君が
少し離れたお不動さんの境内の横につながれてた。
視線が気になり目をやると・・・いたいた!
そして、、、写真の様な事になってしまった。

僕が整体師として、多大な影響を受けた、野口晴哉先生の著書にも
「動物と赤ん坊に認められたら一人前」の様な事がかかれてた。
野口先生、寺門琢己は合格ですか? (?_?)

Z-MONに通う子供達は、お腹の中から観ている子が多い。
おかあさん達はとても熱心に整体の知恵を使って子育てをしている
賢い方々です。

その赤ちゃん達が物心つくと、女の子は家でお人形を使い
『整体ごっこ』をするようです。
僕は整体操法(施術)の後「はい、いいですよ~」というらしいのですが、
それを真似して「はい、いいでちゅよ~」と言ったり、ハンカチをタオルにしたり
外見から真似るのが女の子。メチャかわいい!

男の子は怪我をした時に「タクちゃん~」と泣くそうな。(^_^.)
お母さんから「育ててるのは私なんだから!」と僕は怒られたりする。
先日も最近はあまり顔をみなくなった6歳のKがサッカーで捻挫をしたらしい。
そしたら、「タクちゃんとこ行きたい」と自己申告しておばあちゃんとやってきた。
男の子は、現実的な子が多いからクールで面白い。

僕も人間なので、毎日仕事をしている中では嫌な事もある。
「自分のからだの相談」にきたのに、アドバイスすると怒ったり、泣いたり
質問してきて答えているソバから、答えも聞かず質問してきたり。
僕もまだ若いのですかさず、つっこみますが、けっこうドキドキ☆だったりして・・・。

僕の東京のお父さん、日本一、いや世界一の絵本作家五味太郎先生の
『わにさんどきっはいしゃさんどきっ』この本ほど感銘した本はないね。
毎日こんな気持ちで仕事してます。

でも、この犬君とかみていると、みんなこうやって求めにきてるんだな~等と
思ってしまいます。
僕の手がお役に立つなら、、、使っていただきましょうか (^_-)-☆


04:58 PM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42811/3444342

※寺門さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です: うっとりする…ワンコロ =^_^=:

» 病み上がりの記 その2 [旅限無(りょげむ) から]
■二年前に「ちくま文庫」で復刻されたので、随分と多くの人が読むようになった野口晴哉(のぐち・はるちか)さんの『風邪の効用』という本を御存知の方が、拙ブログの読者の中にもいらっしゃるのではないでしょうか?乱読多読の日々の中で、友人の整体治療家の親友から、初版本を手渡されている身としましては、今回の貴重な「病の体験」に関して、この本にぜんぜん触れないというわけにも参りません。野口さんの本の多くは、口述筆記や講演記録が多いのですが、実際に肉声を... 続きを読む

受信 May 6, 2005 12:19:47 PM

コメント

こんにちわ。
BLOG読みながら、動物園で子牛にすり寄られた記憶が蘇りました(笑)。
可愛いなぁ~と友人達と同じ様に撫でていたのに、何故か私だけにすり寄って来たのでびっくりしました。

あと、近所のノラ猫ちゃん達は人間が横を通ると警戒してその場からすぐどこかに移動するのに、私が猫を横切っても微動だにしませんので、最初はこっちがびっくりしました。

多分、何も考えず「素」で歩いていたせいなのかも…

投稿者: ばんびな (Mar 26, 2005 5:45:53 PM)

1歳の赤ちゃんとの生活を毎日楽しんでいます。
先生のファン♪である私は、少々の咳や熱では小児科には行かないのですが、やっぱりチョット不安な時も。

「赤ずか」第二弾みたいなの、出版予定あるとイイナ~。
ちなみに咳・鼻水の時は背中を温めてあげるとだいたい治まっています。こんなんで良いのかしら??

投稿者: LEON (Mar 27, 2005 2:46:06 PM)

コメントを書く





Insert Emoticon