« 発売3日で増刷決定!『骨盤教室』\(~o~)/ | トップページ | 本物の塩との出会い »

2005年07月05日

幸せと悶々病

先週発売された、月刊:SAY8月号の特集で

”運の達人に学ぶ 恋・仕事・お金”

幸福に満たされる人の7つの共通ルール

その中の、幸運なスペシャリストたちからのアドバイス

・・・の中で、僕も取材をうけました。 (^_^)

その中で発表した『悶々病』に、

注目している方がちらほら…とでてきました。

『悶々病』とは、エネルギーが余っているのに

行動をしない。その消費されないエネルギーが

不平不満につながる・・・そういう状態をいいます。

初期症状は・・・ 横着になります (-_-;)

それは、腰の硬さが原因です。

では、なぜ腰が硬くなってしまうのでしょう?????

それは、足の筋肉の退化によるものです。

足を使わなくても生きていけるので、

足を使わない生活に慣れてしまい、

足を使わない事が当たり前になり、

足を使う事がオックウになってしまう為です。

3ヶ月…半年…1年、、、と

足を使わない生活が長くなればなるほど、

『横着指数』は高くなります。

そうすると、自分の要求にからだが反応しなくなってくる (>_<)

残念ながら、、、そんな現実が待ってます。

人に会いたい、遊びたい、何かを習いたい…

些細な要求すら「おっくう」になってしまいます。

子供の頃『スターウォーズ』をみてNASAに入りたいと

夢を持った自分がいるとします。

で、、、『エピソード2』をみたい。。。でも映画館に行くのは

かったるいし~ 今仕事もしてないからお金もないし~

++++++++ ^_^; そんな気分の人がいるとしましょう。

それは、その人自信が自分を裏切っているんです。

『エピソード2』を観なかったから、、、とて、

具体的に生活に困ることはないでしょう!ね。

でも、そうゆう些細な心の要求が満たされずに過ぎていく。

それが、不平・不満の種となっているんです。

知らずして、自分の心の中に不平・不満の種を

植えているんです。

うちの現場スタッフにHという女の子がいます。

僕のアシスタント3年生です。

彼女は、入った時「いつまで続くか?!?!?!」

そんな、不安要素の大きな子でした。

実際本人も「初日にいつ辞めようか考えた」(笑)との事。

彼女は下半身が弱く、腎臓タイプなので直ぐに疲れる様な子でした。

でも、少しずつ脚力&体力がつき、からだが変わったら

すっかりと人間が変わった、、、

多くの患者さんからも「Hちゃん変わりましたよね(^o^)」と

言われるから、僕の主観だけではないと思う。。。

今では昔とは別人の様な、機敏な動き、気の回し方が

できるようになっています。

悶々病の発芽期・・・は下記の様な状態です。

病理=不平・不満の種が、成長してしまうと

本格的な症状がでてきます。

その様な状態になると、生活に重要な

『衣・食・住』を満たす為に必要な

『働いてお金を稼ぐ』という事が、

できなくなってしまいます。

会社に行くのがメンドクサイ!

会社で怒られるのは嫌!!!

最近、『怒られたくない為にやらない』

・・・という発想がある事を知りました。(-_-;)

からだの筋肉が退化してしまっているので、

『心の筋肉』も勿論ありません。

なので、怒られた瞬間(嫌な事があった瞬間)

『悶々病』が急成長するんです。

僕なんかは、予測のつかない事が起こると

ワクワクします\(~o~)/

でも最近『想定の範囲内』(笑)の事でしか生きていかない、

動かない人が大過ぎるような気がします。

だから、『任されたり』『注意された事をバネにしたり』

・・・自分磨きのツールを 自ら放棄しているんだと思います。

最初からできるはずなんて無いんです。

先輩達だって、少しづつ成長してきたんです。

もし、自分が『もう少し頑張らなくっちゃ』って~気後れしたら、

『磨いてくれる人』を受け入れてみようよ!

社会で置かれている現状は到底自分ではサーチできないでしょう。

把握なんかできないでしょう。

「あ~あ世の中嫌な事ばっかりだ」「会社は嫌。親兄弟うざい」

「皆自分をわかってくれない~!!!」と、

語る若者が多い×多い。

でも、ちょっと待った~~~♪

一番最初にあなたを見捨てたのはあなた。

『エピソ~ド2』を観に連れて行ってあげなかったのは

あなたですよ。

その種になった、不平不満を無意識に

周りの人間関係や社会へ責任転換していませんか?

欲しい物を取りにいけないからだにしてしまったのは、

慢性的な長期に渡る『横着生活』の産物です。

その産物こそが『悶々病』なのです。

♪  悶々病回復 

■歩く・足を使う!

■知り合いにあったら自分から挨拶する!

■最近やりそびれた事から、過去やりそびれた事

 ひとつずつ攻略する!

■自分の夢は昼間見る!夢・やりたい事が見つかったら

 最低4年は続ける。

 (夢は行動して得るものです)

特に20代までの新鮮なからだの持ち主 さん へ

「かったるい~」という言葉連発してない?

癖になってない?だって、、、僕の周りのこの年代に多いんだよね。

絶対僕の方が体力あるもん。元気だもん。

サーフィンもテニスもGOLFもフットサルも全て30代から始めた僕ですが、

からだは使えば使うほど賢くなって、色んな夢を叶えてくれるツールです!

とにかく、身につくまで続けてみなきゃ。

頼むぜ、みんな~ついて来いよ! (*^^)v

11:00 AM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42811/4771151

※寺門さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せと悶々病:

» コーチと打ち合わせ!まずは行動! [haruのぽっかぽか日記 から]
昨日ボディアタックが始まる前に 担当のコーチと話す機会があった 最近体重が減ら 続きを読む

受信 Jul 5, 2005 1:00:38 PM

» 私たちができること [開運!どんどんツキがつく方法 から]
☆☆さらに幸せになれる情報はこちら☆☆先日、ある光景に出くわしました駅の階段を、おばあさんを背負いながら降りている若い高校生がいたのですおばあさんは杖を手に持っており、脚が悪いようです階段を下りきって、おばさんを下ろしました「本当に親切にしてもらって・・ありがと... 続きを読む

受信 Jul 5, 2005 2:23:53 PM

» 悶々病?! [バッチ屋でせんべい屋 から]
今大変ショックを受けました。 愛読する、寺門先生のブログを読んで。 気持ちが重い→身体も重い→動きたくない→動かない→ ますます気持ちが重い→誰かのせいにしたい→ 運勢が悪い→世間が悪い→ 午前中、ちょっとした予定の変更で、 行きたかった事、やりたかった事ができなくなり、 落ち込んだ。 明日ならできるのに、なんだかやりたくなくなってしまった。 また明日もダメかもしれない、とか、 ... 続きを読む

受信 Jul 5, 2005 4:13:11 PM

» 骨盤教室 [闘う整体師の「からだで遊ぼう 活殺自在」 から]
 自分の好きな整体師 寺門琢己さんの本 「骨盤教室」が発売されました。  近所の 続きを読む

受信 Jul 5, 2005 9:46:21 PM

» 足首太くない? [闘う整体師の「からだで遊ぼう 活殺自在」 から]
 みょうに足首太くないですか? ひとは二本足で立っています。 つまり、二本足で直 続きを読む

受信 Jul 11, 2005 1:38:40 PM

» 悶々病? [*hanakonet- home -ショッピング・映画やお薦め商品の紹介やアートギャラリー・ホームページ素材掲載のハナコネット から]
悶々病の記事この記事は私が姉に貸してもらったかわいいからだという本を書いた人が出... 続きを読む

受信 Jul 13, 2005 11:54:40 PM

» 悶々…脱出法 [享楽的婚約生活事始 から]
 大好きなカリスマ整体師、寺門琢己さんの記事にTB  趣味かと思うほどの「考え込み」で悶々とした毎日を送り、自分で自分の首を絞めてるとしか思えない今までの人生でした。  それをなんとか脱したくて、1年ほど前にすがったのが整体やカイロやヨガでした。  いろいろ本などを読んだり、何度か教室にもお邪魔してみましたが、特にお気に入りなのは寺門琢己さん。彼の著書はほぼ読破しました。  それからというもの、体調が悪かったり気分が落ち込むなどの症状が出るとまた本を読み返し、体操などを実践。  そして... 続きを読む

受信 Sep 2, 2005 2:16:12 PM

コメント

肝に銘じますぅぅぅ。
「怖い」気持ちに弱い私も、やっぱり腎臓タイプかな。^^;

投稿者: 万流(まる) (Jul 5, 2005 11:26:15 AM)

待ってました!先生のこの説明!!
なんとなぁーく胸に抱えたモヤモヤやイライラを、
こんな形で言葉にしてもらえただけでもスッキリ。
お蔭様で大納得!
とにかく歩け~~!
とにかく行動~~!ですね。
こんなシンプルなことを忘れて別の大義名分にすり替えそうに
なってしまうとこでした。
じつは難しいかもしれないことって案外簡単なんですね。
私の体、裏切ってて、ごめんよ。

投稿者: ひろ (Jul 5, 2005 11:50:18 AM)

悶々病、ちょっとしたことで陥りやすいです!
通勤手段が、自転車の故障で電車・バスで40分に変わった1ヶ月ほどの期間。
普段苦手だなぁ・・・と感じている人とのやりとりに、ますますストレスを感じてしまってしんどかったな~。
自転車のメンテナンスを怠っていたツケが、自分に返ってきました。反省☆

自転車も自分のカラダも、しっかり磨くぞ~!

投稿者: keiko (Jul 5, 2005 12:14:48 PM)

先生のブログ読んで
まさに以前の私は悶々病そのものだったでしょう!
最近はよく動き、よく汗をかき、よく笑い
よく話、よく食べ(これは控えます)
そのおかげでいろいろなものにアンテナが
ピーンと立つようになりました
やりたいことがたくさん出てきました!
先日会った友人に顔の表情が変ったね!
「悶々病」脱出したかな?私・・(^0^)です!

投稿者: haru (Jul 5, 2005 12:52:34 PM)

タク先生の本読んで、骨盤教室に出て・・・私はドンドン変わりました♪『悶々病』それなんのこと!?って感じです(笑)
日々を精一杯生きること、それが大事なんですよねー!

投稿者: ponchan (Jul 5, 2005 2:03:31 PM)

はじめまして。RSSのタイトルに惹かれて来ました。
今まさに「悶々病」真っ盛りです・・・。
何かやりたいことがあっても「金貯めるの面倒」
「着替えるの面倒」「動くの面倒」と先延ばししてしまい、
結局ダラダラと日々をやり過ごしています。
そのうち「別にやらんでも死なないし、もういいや・・・」と勝手に諦めてしまうのです。
やりたい事でさえそうなので、特に関心のない運動なんてするわけがなく(苦笑
この生活から脱出しようにも、どうしたら良いのかわからなかったのですが、本文を読んで納得しました。
先生の言葉は説得力がありますね。
悶々病今から治します。

投稿者: ナナイ (Jul 5, 2005 5:58:56 PM)

悶々病、私にもありました。当時はマックスに太っていて、
引きこもりがちで、以前の自分がちょっと辛いです。
タク先生の本、「おば菌予防マニュアル」に書いてあったと思うんですが、人って12年サイクルで凄く輝いている時期があると書いてあって、私は後少しで26、今は一番輝きつつあるんだと思っています。それって体のことを考えるようになったからだと思うんです。
私はMRTを受けだして体がずいぶん変わってきました。
忘れないように書き残しておこうと思って日記をつけよう!
と思い、今日初めて日記らしい日記をつけました。

投稿者: た~ (Jul 5, 2005 7:15:05 PM)

いたたた。。。まさに私も「悶々病」自覚症状ありありでした。。。
昨年がピークで、今ちょっと抜け出す1歩を出して、その足が引っ込みそうになっていた所でした。
これじゃいけない!次の一歩を踏み出します!

投稿者: 子ふくろう (Jul 6, 2005 1:28:29 AM)

悶々病。いや、まさに、1年前までの自分がそうだったと思います。
足を使うのが私の場合、「歩く」を通り越して「走る」だったのですけど、十○年ぶりに再開しました。
それこそ、「『エピソード2』をみたい。。。でも映画館に行くのはかったるいし~」って、ズバリ当てはまってましたから。
走り出して、寺門先生の本にも出会えて、『エピソード3』を先々行上映に行くだけのエネルギーを回復しました。(エピソード1・2はビデオでまとめ観して行きました。)
あとは、『最低4年は続ける。』ことを肝に銘じて、走り続けるつもりです。

投稿者: 警告おやじ。 (Jul 6, 2005 5:23:20 PM)

私も悶々病でした。
今は、ずっとやりたかったサックスを習い始め、
すでに見切りがついていたのに、別れられなかった彼氏と別れ、
ものに溢れていた部屋を片付けはじめ、
飛行機乗って骨盤教室へ行くようになりました。
今までの自分じゃありえな~い。
今回の先生のブログを読んで、去年の夏の終わりから、ちびちびと歩き始めた結果なんだーとしみじみ思いました。
これからは、継続は力なり 目指します。

投稿者: 香織 (Jul 6, 2005 7:17:36 PM)

 こんにちは。まさに、「悶々病」。あまりにも、自分のことをいわれているようで…
 思えば、他力本願な人生を歩んでました。占いでも好きな人をあきらめろといわれ…
 でも、あきらめたくはなく最後にできること何かと思ったら、体を変えることかしら、と感じてます。
 彼を振り向かせられるかは20パーセントの確率らしいです。
 振り向かなくても、自分を磨くだけ磨いて、あとは、神様の判決です。
 頑張ります!!!

投稿者: 璃香 (Jul 7, 2005 6:17:10 PM)

悶々病、これまでの人生振り返るとそうだな。中学時代運動部で、かなり夢あふれる私でしたが、高校入って学校の方針で運動より勉強できる人は文化部ってことで、体動かすことから遠のいてから、やたら自分や周りの人に不満がふえて、行動することが面倒になってしまった。かなり自分の中、悶々したものがうずまいてて、それが昇華できずに体の中で腐ってくよーな感じおぼえてた。留学してた時もそうだ。
最近、かなり運動してます。汗かくってチョー気持ちいい。

投稿者: mazzi (Jul 8, 2005 12:06:26 PM)

ほんとにそのとうり!!ずーっと自分でも解決できずにいました「悶々病」 結婚するまでは保育士の仕事をしていて一日中歩きどうし、仕事が終われば切り替えてそのまま同僚とお茶したり、カラオケや合コン!などなど色々体を動かしていました。
しかし結婚と同時に仕事を辞め家庭に入り家事だけをこなしてるとナンカしっくり来ずその内動くのが邪魔くさくなってしまい落ち込んだりする日々が続きました。
今は仕事も(パートですが)したり教習所に通ったりして
それなりに充実しています。
しかしもうすぐ免許が取れそうなので「悶々病」にならないよう何か見つけます!

投稿者: マリモ (Jul 8, 2005 10:43:52 PM)

私も今年4月に百貨店を退職して体がなまってました。在職中はフロア中を歩き回っていたにもかかわらず、退職後は家でゴロゴロ。当然生理も不順になりました。でも今月から習い事も始まるし、やっと動き出せそうです。歩かないって怖いですね~。

投稿者: なお (Jul 9, 2005 2:47:31 AM)

 毎回ため」になるblogを楽しく読んでいます☆今回は私のこと??って思いました。怠惰はすべての原因なのかもと思い最近暑さで怠けていましたが1駅前で歩くようにしたりしています☆汗をかく事は爽快ですね、やはり色々な面で「まいっか」は禁句だなあと思いました!なのでいつも見ているこのblogにコメントをいつも書こうと思って書いていなかったので初めてコメントさせてもらいました♪

投稿者: ムック (Jul 20, 2005 2:10:32 AM)

コメントを書く





Insert Emoticon