« 新書が発売されました! | トップページ | 肩書きへのこだわり? »

2006年12月01日

男性と骨盤

ついに!!!出せました。

やっと、、、出せました。

幻冬舎新書にて【骨盤の話】を男性向けに発信しました。

どこまで、、、男性の方に【整体論】が浸透するのかわかりませんが

是非、一人でも多くの方にこの世界観を味わって頂きたいと思います。

Jpg_3_1

僕の治療院に通う方も、僕の読者の方も女性が多いのは事実です。

僕の友人も、仕事関係の方でも「からだの話」になると

「どんな薬が効くのか」「どんな薬をネットで買うと安いのか」

「今は何科が儲かるのか・・・」等、実際に自分のからだをどうこうしよう!!!

、、、という事にあまり興味がない様に見受けられます。

しかし、実際には、、、

女性よりもからだに対しての不安があるのは男性です

病気=死の連想・・・を抱くのも男性の方が早いです。(~_~;)

怖くて、、、怖くて、、、たまらないのです。

僕も含め、男性は心が小さく弱い生き物です。

きっと、俗に言う<こころの広さ&強さ>は、子宮が担当しているのでしょう。

(・・・と思いたい (-_-;))

僕ももし、この仕事をしていなかったら、病気への恐怖といつも

戦っていた一人かもしれませんが、

整体活動24年間、多くの女性に鍛えて頂いた御蔭で (*^。^*)

『病気の認識』が変わってきたのでしょうね。

整体の持つ、知識の深さは人生哲学にも通じる部分が多々あります。

実際に僕の下へ整体へお見えになる男性は、

【社会的に成功者】といわれる方々です。

なぜなら、彼らが「病欠」で仕事ができなくなると、

多くの事が止まってしまうからです。

皆さん、若輩の僕の指導を聞かれて、体を省みてます。

整体の智恵を是非男性陣と共有したいと思います。

06:52 PM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42811/12893550

※寺門さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です: 男性と骨盤:

コメント

コメントを書く





Insert Emoticon