« 関西ヘルパー1期生 | トップページ | 四季+土用 »

2007年02月08日

暦って知ってる?

整体を著書等で表現する時、どんなジャンルにわけるか・・・

出版社さんは大いに悩むところかと思います。

最近は<からだ>や<からだとこころ>等といった

ジャンル分けが認知されてきたので、以前より幾分スムーズになってきましたが

【医療】にわけるのは違うかもしれませんね。

僕の大好きな五味太郎先生は「タクがやってる事は文化活動」と

常日頃おっしゃってくださいます。

僕の生活態度をみて「医者の不養生」とお嘆きになる方(~_~;)も、

多々いらっしゃいますが、、、(笑)

【文化人の自由な発想、言動】と、あきらめてる家族もいます (*^^)v

整体というのは、骨盤を初めとした【骨】で全てが決まるわけではありません。

若い頃職業を聞かれて「整体師」と答えると

「あ~ポキポキやるやつね」・・・といわれて(T_T)

ムキに (ーー;) なってましたが、最近は

「ポキポキマン~♪」\(◎o◎)/! 等とオドケル技術も身につきました。

整体施術を【操法】といいますが、同じ人に同じ【操法】をしても、

その人の【からだの波】や【季節】により、反応が違うんです。

とても細やかに、丁寧に、からだを観ていくのが【整体】なんです。

そして、そもそも、村に一人くらい<からだを操れる人>がいて、

そんな人が環境の変化等を加味して、指導していった

【日常のからだの整理整頓】業務、、、といった文化があったのでしょう。

環境の変化といえば、、、この20年で大きく変わったのは

パソコンの普及。そして地球の温暖化。でしょうね。

今年の冬は本当に暖かい。

GOLFがやり易いのはありがたいんだけどね~。

暖かいとからだは【楽】なのか???というと、一概にはいえません。

こう寒暖差があると、結構堪える方が多いですよ。。。

「からだがついていけない」・・・というのは本当だと思います。

昨今の占いブームで、【東洋思想】に興味を持っている方も多いと思います。

僕の整体論の中には、東洋鍼灸学校で学んだ、【漢方論】も含まれています。

著書『かわいいこころ』(幻冬舎文庫)にも書かれてますが、

からだ(臓器)と四季には深い関係があるんです。

この考えのベースになるのが、【五行論】です。

簡単に言うと、、、

「全てのものは、木火土金水に例えられる」

「全ての事が、木火土金水から始まる」・・・というような内容です。

例えば、春。

日本人の感覚だと、桜の花の咲く頃が【春】というイメージが多いのですが

この思想は【旧暦】という、カレンダーではなく【暦】をベースに考えます。

この暦は、年末年始になると本屋さんで山積みになってるから、

みた事ある人も多いんじゃないかな?

070207

この【暦】からすると、節分の翌日からが春。

【旧暦の正月】と呼ばれる日です。

ここから、一年が始まる~と考えられています。

06:30 PM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42811/13823552

※寺門さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です: 暦って知ってる?:

» 地に足を着け、自信を持って生きる [全国足湯普及会 足湯ヨガも公開中!! から]
 足湯は心の歪みにも効くというのは以前も書きました。  足が冷えていると、腎経が弱り生命力が弱る。 カラダの氣が滞り、「うつ」などにも成りやすいと。  あるモンゴル発祥のマッサージでは、 カラダの全ては足に象徴されていると言われているようです。 ....... 続きを読む

受信 Feb 8, 2007 8:43:40 PM

コメント

暦、わたしも愛用してます。義父に毎年いただくんですよ~。(’整体生活 和の暦’にはさんでおいてます。)2月中旬には皮革製品の手入れしろとか、雛祭りの用意しろとかトマトの種まきしろとか、遠い昔を思い出すようなアナクロなのがなんだか面白くて、ラブリーです。 今頃から甜茶飲み始めるとか、このころにおいスミレの鉢植えが出回るとか、プライベートのこよみ作りも楽しいです。

投稿者: db (Feb 9, 2007 4:47:46 PM)

コメントを書く





Insert Emoticon