« 中島史恵さん『ラブボディ・メソッド』発売☆ | トップページ | コーヒーで干物か?! »

2007年08月11日

自動温度調整機能

立秋になり、秋の気配を探したいのですが、

僕の拠点代々木は、連日の猛暑で風流な事は

言っていられない感じです (^_^;)

TVマスコミで散々言われていた【温暖化】

現実的に取り組まないと、地球も人間も大変だ~

\(◎o◎)/!という事が身近に感じられてくるようになりました。

数年前フランスでは猛暑が原因で何千人もの方が亡くなりましたが、

【温暖化】に強いからだ作りを今からしておかないと、

尊い命を失いかねません。

その為にはどうしたらいいのでしょうか?????

そう、、、発汗です。

からだは汗をかく事により体温をさげてくれるのです。

汗はからだの自動温度調整機能なんです。

汗がかけていれば、この暑い中でも生き延びていけるんですよ!

クーラーが普及して、汗をかくこが疎かに

なってしまいました。見た目にも・・・

「暑い☆暑い」といって扇子を仰いでいるより、

確かに、クーラーの中で身なり整えクールにしていた方が

かっこよいかも知れません。

僕の知人の家には、お風呂がないんです。

シャワーだけで一年中過ごしているらしいです。

そんなライフスタイルの方も増えてきたようです。

(欧米か? (・へ・))

汗をかく事をこわがらず、

温暖化の中でもALOHAに過ごしましょう (^O^)/

01:11 PM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42811/16074868

※寺門さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です: 自動温度調整機能:

コメント

タク先生、屋久島よりこんにちは~♪
すっかり黒焦げのぴんくのなまこです(笑)

私の海ツアーに参加される方は
発汗が苦手な方のなんと多いこと!
熱中症や脱水症で倒れないよう、
かなり気を使っています。
でも、1日太陽の下で、
たくさん泳いで、汗かいて、旬の美味しいもの食べて、
温泉入ってと過ごしていると、
帰りしなの日焼けした笑顔は皆さんとても眩しいのですよ。
もっと、自然と接するチャンスをたくさん作ってほしいな。

今、屋久島の海は浅場の海水温が連日30度を越えています。
サンゴやイソギンチャクはこの高水温に悲鳴をあげています。
今年7月下旬より沖縄の石垣島では
すでに多くのサンゴたちが死滅し始めました。

水中は覗いてみなければ
その生き物たちの様子がわかりません。
ぜひ、彼らの声に耳を傾けてほしいなぁ。
海好きなタク先生にも、ぜひ。

投稿者: ぴんくのなまこ (Aug 11, 2007 3:40:33 PM)

タク先生、屋久島よりこんにちは~♪
すっかり黒焦げのぴんくのなまこです(笑)

私の海ツアーに参加される方は
発汗が苦手な方のなんと多いこと!
熱中症や脱水症で倒れないよう、
かなり気を使っています。
でも、1日太陽の下で、
たくさん泳いで、汗かいて、旬の美味しいもの食べて、
温泉入ってと過ごしていると、
帰りしなの日焼けした笑顔は皆さんとても眩しいのですよ。
もっと、自然と接するチャンスをたくさん作ってほしいな。

今、屋久島の海は浅場の海水温が連日30度を越えています。
サンゴやイソギンチャクはこの高水温に悲鳴をあげています。
今年7月下旬より沖縄の石垣島では
すでに多くのサンゴたちが死滅し始めました。

水中は覗いてみなければ
その生き物たちの様子がわかりません。
ぜひ、彼らの声に耳を傾けてほしいなぁ。
海好きなタク先生にも、ぜひ。

投稿者: ぴんくのなまこ (Aug 11, 2007 3:40:35 PM)

タク先生のブログに久しぶりに書かせていただきます。
息子2人(小学6年&3年)は野球小僧で今が一番忙しい時期です!特に長男は少年団最後の夏・・・主将として、一試合づつが真剣勝負です。
 ですから、我が家は健康管理第一!
 クーラーはまだ自宅で使っておりません。
「今年はあんまり暑くないね~」といいながら、
親子で日中野球観戦のため、そう感じなくなったのでしょうか・・
この「多少暑くても、過ごせるカラダ作り」というのは
やっぱり、1~2年かかると感じます。
今年春から入部した子で、高学年でも練習すぐにバテたりします。(22時以降に寝て、睡眠不足だったり、クーラーをずっとかけっぱなしだったり・・という不摂生もあるようですが)
まず、入部したその年に「夏に練習できるカラダ」にすることが一番の練習の成果だって本当に感じました。

そんな私も、な、なんと・・
お腹の中に3人目がいます。予期せぬ幸運!
きっと、タク先生の骨盤教室に参加して
カラダの改善したから?かもしれません。
自分でいうのもなんですが、
24歳・28歳の時の身ごもったカラダより
37歳の現在のカラダのほうがメンテナンスが良かったからかも?? ありがとうございます!!!

投稿者: yacco (Aug 13, 2007 9:18:55 AM)

  腰湯してバスローブを着て、コットンのブランケットを敷いた骨教マットのうえでごろり、うとうとうっとり、からだの輪郭と夏の大気がアルペジオのように溶け合うことの出来る至福のとき。(かんたんなおんなですね。)あせがさらにひくまでじっとしていますが、このときに、体のあちこちの部分で重力そのもののようなじんわりとしたおもさや痺れを感じることがあります。のばした腕がぐるんと内転することも。からだがゆるんできもちにいい、そのときになにかオートマティックに調律してくれているのでしょうか。ダーリンはバサロスタイルで熟睡しているし。あせがひいたあとでは仙骨がくくっというかんじになります。

投稿者: db (Aug 13, 2007 4:26:08 PM)

コメントを書く





Insert Emoticon