« 骨盤教室 | トップページ | 秋のからだ »

2007年09月01日

五味太郎先生のモニュメント

こんにちはゼミィです。

8月29日(水)タク先生の東京の父、五味太郎先生の制作した

モニュメントの除幕式の取材に行ってまいりました (*^。^*)

Seizo

流石、太郎先生。まるでヨーロッパの街並みのようなデザインです。

海外の標識をイメージされたそうです。

Seizo2

場所は、全労済ホール、スペースゼロ前。

http://www.spacezero.co.jp/index.html

不思議です、街並みがグッと明るくなりました。

Dsc_0401

ねっねっ お洒落でしょう。

Dsc_0406

太郎先生とコーディネイターのN氏

N氏のご苦労あっての作品とか(笑)

途中タク先生からも太郎先生に電話が入り

「僕も行きたい」と泣いてたとか。

Dsc_0381

わ~凄い、凄い、除幕式!!! TVみたい。。。

Dsc_0383

太郎先生~何を思ってるの?

Dsc_0399_2

足元から、この懲りよう~♪ ステキ!

そして、、、そして、、、

Taku

皆さんわかります?

「TAKU SPOT ●m」と書かれているんです。

そうです。TAKU⇒タク先生ですよ~。

ご存知の方も多いかと思いますが、

タク先生の出版活動のきっかけを下さったのは

五味太郎先生なんです。

太郎先生とタク先生、LOVE&LOVEです。

凡人のゼミィにはわからない気持ちを共有されているのでは?と

思うことしばしば。感性の高い、お二人の会話は

宇宙の果てまで届きそうな濃厚なものです。

太郎先生とタク先生のお話を聞いた後の余韻は、たまらんです。

いつか、、、お二人の「トークイベント」を開催するのが

ゼミィの 夢。 皆様と余韻をシェアしたいです。

Dsc_0391

このモニュメントのテーマは

人は何処からきて何処へ行くのですか?

だとか。「後は自分で考えてみてね」と太郎先生のご挨拶より。

ゼミィは考えました。

この標識のひとつに「キリマンジャロまで●km」というのがあります。

一番遠いのが、キリマンジャロ。一番近いのがTAKU SPOT。

「人ははるか遠くより来て、からだへ行く(向き合う)んだ」と大感動。

    

その夜太郎先生とお目にかかった際、

「キリマンジャロとかNYとか書いてあるじゃない。

それに対抗して近くの<犬小屋まで●m>みたいなの書きたかったのよ」

、、、、、、(~_~;) ありゃそうゆう事。

皆さんも新宿にいらしたらご覧になってみて下さい☆彡

広報:ゼミィ

08:47 AM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42811/16295658

※寺門さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です: 五味太郎先生のモニュメント:

コメント

三木成夫氏の発生形態学の本を読むと、なぜ脾が胃で腎が生殖器で口唇が肛門なのか、笑ってしまうくらい良く分かります。そう、ひとの肉体はからだというどうしようもない”近さ”と、こころという(どこへもどこまでもゆける)”遠さ”とが大小宇宙のリズムで交響しあうところなのだそうです。五味太郎先生とのトークショー!五感が交響しそうに面白そうですね。

投稿者: db (Sep 3, 2007 8:10:27 AM)

コメントを書く





Insert Emoticon