« かわいいからだの6ヶ月記【3】 | トップページ | 12月のからだ予報 »

2007年11月29日

骨盤の感受性を高める

腰は人間のからだの中心にあり、

からだや心の動向を大きく左右しているものです。

だから「要」という字が用いられているのも納得がいくでしょう。

その腰といわれる部分、からだの中には<骨盤>という

とても、かわいい形をした骨が存在しているのです。

僕の個人名での初作品『かわいいからだ』の表紙には、

イラストレーターのふじわらかずえさんが

骨盤ちゃんに骨盤の帽子をかぶせてくれました。

【骨】なのに、なんか愛くるしい存在なんですよね。

Photo

眼鏡&帽子 2WAYタイプ 機能的(笑)

また、トリンプより発売したガードル『骨盤のきもち』では

唄も作って頂きました。

(左のピンクの動画レビューをみてね)

♪骨盤のきもち♪

からだの真ん中で開いたり閉じたり

私の為に一生懸命頑張っている~~~

そう。そうなんです。 

大切な骨盤は、私の為に日々、頑張って動いているんです。

(ToT)/~~~ 泣ける。

体は本人の意志や気分、生活習慣とは別に、

「生きるべく」働いているのです。

僕の表現方法や、展開方法が幼稚と言われてしまう事が

多いのですが、これは僕の感受性の問題なのでご勘弁頂きたい。

体が日々頑張って動いている事を表現したかったのです。 (^O^)

しかし、その骨盤、けっこうピンチな状態というのが現状です。

なぜかというと・・・・・

Photo

体の使い方が変わってしまった。

かつて農耕民族だった日本人とは明らかに違う生活習慣により、

体の使い方に変化がでてきたようです。

だから、もっともっと骨盤の感受性を磨いていかなくては

いけない時代なのではないか???

・・・と痛感しました。

08:45 AM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42811/17195086

※寺門さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です: 骨盤の感受性を高める:

コメント

からだをととのえることで、国境や人種や性差さえ、越えて、見えてくるものもあるかもしれない、日々いのりのように思っていました。ひとに望まれるために、他でもない自分自身の生をみたすために...姑息なようなことをいろいろしていても、軍門に下るがごとく、あきらめることです、その方が早い、整体の先生にきのう言われました。(笑)キックミットトレーニングしながら..骨盤から上、下半身の連動感覚、バランスがわかって、あきらめきれずギリギリしている(肩甲骨間の緊張が強いらしい)わたしにはいいらしいです。

投稿者: db (Nov 30, 2007 8:43:57 AM)

コメントを書く





Insert Emoticon