« 雑誌掲載情報☆ | トップページ | トリンプ話題のガードル »

2007年12月21日

からだ☆彡NIGHT(僕チン編)

反響凄い!!!

からだ学園骨盤教室学園祭の告知以降

http://terakadotakumi.cocolog-nifty.com/karada/2007/12/night_5777.html#more

「私は●●できます」etc・・・予想以上にお問い合わせがあり

嬉しい限りです (*^_^*)

Photo_2

いや~ まじで考えまっせ!!!

皆も技を磨いておいてよ ♪

先日のからだ☆彡NIGHT

http://tcc.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/night_0de4.html

イベントで、僕も勇気を持ってヴァイオリンの演奏をしました!

緊張~ 緊張~ 緊張しましたよ♪

Dsc_0277

僕がヴァイオリンを始めたのは4歳の時。

いつも遊んでいた近所のお兄ちゃんが通いだしたのが

きっかけでした。

お兄ちゃんは、ヴァイオリンのおけいこにいく日は

とても神妙な様子で僕と会ってもいつもと様子が違い、

さっそうと出掛けていくのです。

その時、手に持っているヴァイオリンに後光が

さしているように見えました (^^♪

「かっこいい~~~」 (@^^)/~~~

Photo_3

Photo_4

即効、僕も習い始めたんです (^O^)/

Dsc_0278

当日参加者の方より

「先生スーツ着れるんですね」と

褒められました・・・  (~_~;)

「大人っぽかった」と、、、20歳位年の離れた妹分たちから

感想もいただきました。。。 (~_~;) (~_~;)

Dsc_0279

鍼灸学校へ入り、仕事と勉強を両立させていた頃

そして、駆け出しで、出張治療に走り回っていた頃、

少しづつ、ヴァイオリンに触れる機会が減ってきました。(__)

Dsc_0280

そして、、、29歳の時

大きく僕の人生が変わる直前、

ヴァイオリンを手放してしまいました。

今、振り返ると、、、とても大きな転機でした。

Dsc_0281

それから、、、仕事も趣味も新しい事を始めたり

新しい出会いが沢山あったり、、、

そんな中、ヴァイオリンを懐かしむ時間もない日々が

10年以上も続きました。

Dsc_0282

昨年、初診でいらしたメグちゃんは、

なんと彼女はヴァイオリンを奏でる人でした。

ご主人との出会いも演奏仲間とか。

彼女と少しづつ、ヴァイオリンの話で盛り上がり

僕がこの12年間、触れていなかった

ヴァイオリンの記憶が蘇ってきました。

Dsc_0283

ある時、「先生はもうヴァイオリン弾かないんですか?」

・・・と聞かれました。

「だってもうヴァイオリン持っていないもん!」

何の気なしに彼女にそんな事を言ってしまったのです。

そうしたらある日「先生、よろしければ弾き手を待っていた

ヴァイオリンがあるんです。お使いいただけませんか?」・・・と、

そんな~ 恐縮です~ 僕なんかが~~~

突然、告白でもされた位驚きましたが、、、

Photo_5

なんか、凄く 凄く もの凄く嬉しくって~~~

お言葉に甘える事にしました。

「先生、このヴァイオリンは本当に色々な物語があり

弾き手を待っていたのです。だから、名前はマチコというんですよ」!(^^)!

I LOVE MACHIKO

Photo_6

そんな、訳でこの一年間僕は毎日の様にマチコとデートです。

弾いているうちにどんどん思い出してくるんです。

おまけに、以前は小指が弱く、押さえるのに苦労したコードが

簡単に押さえられるようになっているんです。

(*^_^*)

日頃の肉体労働の効果と(笑) GOLFのお陰です!

メグちゃんが僕とマチコを出会わせてくれたので

日々、素晴らしい時間を過ごせています ! ありがとう!

今年のお正月、そんなメグちゃんとダーリンにお礼がしたくて

手作りパスタと演奏をプレゼントしました。

そうしたら、、、、、

次の生理でお知らせがこず、先日無事にBABYが誕生しました。

Photo_8

僕とマチコの運命に深い~意味を感じてます。

08:55 AM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42811/17414887

※寺門さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です: からだ☆彡NIGHT(僕チン編):

コメント

先生のこの記事にとても勇気いただきました。
私もエレクトーンを子供の頃から高校まで習っていたのですが、社会人になってから遠ざかり15年。 
辞めてしまったことをすごく後悔している気持ちがこの1年、ずんずん大きく疼き始めていて、でも、「今さら楽器を購入するのも大変だし、また音楽始めたところでどうするの? 自分は先生にでもなれるわけないし、どこまで上達するかも、楽しめるかもわかんないし…」などなど諦めの方向へ自分を持っていき、違うことをすることで、もう一度弾きたい気持ちをすり替えてました。
でも、どれも心から楽しめず、満足しなくて…
そんな時、先生のこの記事を読んで、純粋に始めてもいいのかなって思わせていただけて…

もし、先生がこのコメントを読まれたら、私をあともう一押ししていただけないでしょうか?
高い楽器を買って、モノにしなければとてももったいないこと(お金も時間も)をしようとしてるのではないかと二の足を踏んでいます。先生はただ弾く事が楽しかった1年でしたか?

投稿者: はる (Jan 15, 2008 6:36:27 PM)

コメントを書く





Insert Emoticon