« ☆☆男性の冷え症に朗報!!☆☆ | トップページ | 花粉注意報① »

2008年01月20日

辛い思い出を共有する大切な友達

先生私をあともう一押ししていただけないでしょうか?

FROM はる さん

・・・というトラバを頂きました。

僕がヴァイオリンを復活させて楽しんでいるBLOG

記事に対してです。

僕が一押しする事じゃないと思うけど・・・

ヴァイオリンと再開してからの一年に関しての気持ちについて

お話するね (*^_^*)

多分・・・4歳の頃、自分で望んで始めたヴァイオリンなのに、

いつしか~辛いレッスン (>_<) 

・・・として通っていた記憶になっていた

所があった。

でも、再開したら、、、予想外 に

報われたんだよね。

気がつくと~自分の弾くヴァイオリンの音色に満たされていました。

共に歩んできた同士のような感じかな~!(^^)!

Photo_2

今では大切なお友達の一人です☆

09:57 AM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42811/17713489

※寺門さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です: 辛い思い出を共有する大切な友達:

コメント

つらい思い出を共有する大切な友達かぁ…
私も小さい頃ピアノを習わされていて、そのレッスンが辛くてしかたありませんでした!本当はバレエが習いたかったし…
大人になってからちゃっかりバレエも習い始めましたが、いまあれほど嫌いで、習わせた親を恨んだ(^_^;)ピアノが気になるんですよね~。恋人のうちにある、ちっちゃい電子ピアノを弾くとときめいてしまう。嫌いだったから、簡単なのしか弾けないんだけどっ(ノ_-;)
習ってたときには、私がこんなに悲しい気持ちで弾いてるのに、なんでピアノの出す音はこんなに楽しそうなんだ(-_-メ)って思ってたけど(子供の習う曲ってやたら脳天気なのが多いし(^_^;))今度ピアノに触るときは、私の小さい頃の悲しみやつらい気持ちを、知っててくれたんだなぁ(T_T)と、思ってみようと思います。

投稿者: まっかてん (Jan 26, 2008 1:57:10 AM)

先生 再び取り上げてくださってありがとうございました。

そして まっかてんさんも♪

先生の綴ってくださった言葉で私も思い出しました。
確かに グレードに受かる為の練習で、”うまく弾く”ことだけに焦点があたって、”音を楽しむ”というレッスンではなかったなって。

『報われたんだよね』 なるほど!って感じました。
私もそうなんだと思います。
あーだこーだ頭で考えてるより、鍵盤を触ってみて、その気持ちを味わってみようと思います。 
今度は『音を楽しむ』ことを心に置いて・… 

ありがとうございました☆


投稿者: はる (Feb 2, 2008 11:32:21 AM)

コメントを書く





Insert Emoticon