« 夏至~二十四節気とカラダ | トップページ | 湿気対策④:痛いときにはすぐ腰湯! »

2008年06月23日

湿気対策③:ウツウツ気分の元(後編)

からだがだるい~catface 重いshock

気分がのらない~ downwardrightdownwardrightdownwardright

・・・これらは、湿気のいたずらによる可能性が大です。

からだは、環境の産物。

前回のお話の続きをしたいと思います。

「ワクワク」「ソワソワ」「ドキドキ」「カリカリ」等の

感情は、実はからだの状態が大きく左右しています。

・・・という事は、からだの状態を変化させてあげると、

その気分は変わってくるのです scissors

では、、、「ウツウツ」とした気分の時、からだはどんな状態なのでしょうかsign02

ウツウツというのは、「憂」という感情が元となっています。

「人がわかってくれない・・・」

「こんなに頑張っているのに・・・」

被害者意識がどうしても強くなってしまいます。

それは、このタイプの方のこころの持つこころの性質は

インテリジェント   だから。

知性を感じさせるタイプのこのタイプは、

頭脳労働が得意で、あれこれ思いを巡らせます。

人が「馬鹿げている」という事でも真剣に考える事ができるのです。

しかし、このタイプが故障してしまうと、大変やっかいで

物事「悪い方に~ 悪い方に~」考えてしまうのです coldsweats01

このタイプの人は

脾臓タイプ といいます。

「脾臓」とは、ニンニク大(形も似ている)の臓器で、

胃の裏辺りに位置しています。

脾臓タイプさんは、この臓器に支配されやすい人なんです。

人は、五臓のうちの、、、何かしらの臓器に支配されて生きています。

これは、漢方の「五行論」が考えのベース。

各臓器、それぞれ個性・性質があります。

なので、偏りすぎるとあれこれやっかいな事が起こるわけです。

脾臓タイプさんは、細身の体型の人が多く

『痩せの大食い』という、最近流行り?の特技があります。

しかし、自分の処理能力を超えて食べ過ぎてしまう事があり、

下痢や嘔吐を繰り返す人もいます。

また、からだ・気分の起伏が激しく

「ON」  &   「OFF」

の、スイッチしかないような不器用な一面もありますね~。

「もう少し大きな声で話して」といわれ→直すと、

「もう少し小さな声で話して・・・」等いわれやすいのですが、

本人は「あれこれいわれ悩む」等と愚痴ってしまうので、

周りと上手く調和できません。

(細かなスイッチのきりかえ機能がない)

そんな事が積もり、重なると、、、ウツウツ・・・とした気分の世界へ

いってしまうのです。

このタイプの人の一番の解決策はカロリーダウンをしてあげる事sign03

脾臓の動きをスムーズにしてあげる為です。

Photo

こんにゃく・焼きそば

カロリーダウンするのには、食べる量を減らすのが

手っ取り早いのですが、

「食べる事命 heart01」の、脾臓タイプさんにそんな事をいうのは酷な事。

なので、「こんにゃく」を使った料理をおすすめします restaurant

僕の好物の、「糸こんにゃくの焼きそば」

味つけは、明太子です。

お野菜をさっと炒めて、糸こんにゃくと明太子を和えるだけ。

簡単 & ヘルシー good

「糸こんにゃく」は、大変優秀な食材で、

スープ等にいれても美味しく、満腹感も味わえます。present

ダイエットしたい方や、食欲のない方にもおすすめですshine

Photo

脾臓さんの合言葉

 

08:59 AM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42811/41590277

※寺門さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です: 湿気対策③:ウツウツ気分の元(後編):

コメント

コメントを書く





Insert Emoticon