« 首がまわらない(>_<) | トップページ | 早々増刷!感謝感激(#^.^#) »

2008年07月15日

空の天の川 海の天の川【前編】

7月7日と、言えば七夕ですね(^^)v
毎年、一年に一度だけ、織姫と彦星が天の川を渡り、出逢える大切な日☆
この時期になると、夜空にはたくさんの星が天の川を作り、輝いています☆
今年、東京では、あいにくの天気で残念ながら天の川が見れませんでしたが・・・(;_;)
雲の上では、きっと二人が仲良く寄り添っていた事と思います☆

実は・・・
天の川は夜空だけでなく、海の浜辺にも広がっていたんです!!
そう!!
皆さんご存知の・・・
星砂  です☆
特に、沖縄の八重山諸島の砂浜で探す事ができます!!(^^)

Photo


私も、先日訪れた竹富島の星砂があるカイジ浜で、星砂を探してきました☆
探し方は簡単!!
少量の砂を手のひらに乗せ、ひたすら探すだけです(^^;)
でも、見つけた時の嬉しさは、格別でした☆

Photo_2

ただ、この美しくロマンティックな星砂・・・
実は、砂浜に打ち上げられているのは
「有孔虫(ゆうこうちゅう)」という
原生動物の死骸の蓄積なんですcoldsweats01
有孔虫はアメーバの仲間。

なんと「殻をかぶった単細胞動物」が、
星砂や太陽砂の正体なんだとか・・・。
その事実を知った時は、かなり悲しかったです・・・sweat02

Photo_5

トゲの先端が尖っているのが星砂(バキュロジプシナ)。
太陽砂(カルカリナ)は、トゲの先端がまるく、
殻もまるみを帯びている。

また、星砂には2種類あって、
砂浜に打ち上げられているのは死骸、
海の中で海草にくっついているのは生きているんですって!
浅場の海藻にくっついて生きているので、
岩礁に付いた海藻の中から、
「生きた星砂」はあんがい簡単に見つかります。
Photo_3
その一方・・・、
幸福をもたらすといわれる星砂は、
「海の大蛇に食べられた星の子どもの骨が流れ着いたもの」
という伝説もあります。

どちらを信じるかは、皆さん次第ですが・・・(^-‘)
 
皆さんも、夜空の天の川だけでなく、
太陽の下に輝く「天の川」を探す旅に出てみては
いかがでしょうか??wink

08:57 AM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42811/41832857

※寺門さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です: 空の天の川 海の天の川【前編】:

コメント

コメントを書く





Insert Emoticon