« オーガニック石鹸ラインナップ!! | トップページ | 夏バテ?プチうつ?夏のだるさの原因とは! »

2008年08月05日

●○からだマガジン8月号○●

●○からだマガジン8月号○●

sun連日、猛暑が続きますねcoldsweats01

今年は例年以上に暑いとか・・・

ゼモンのお花も暑さでぐったりしがちなので、

しばらくの間は週に2回届けてもらっています。

Photo

今週のゼモンのお花

こうも暑いと、ついついエアコンをつけっぱなしで

過ごしてしまう人も多いのではないでしょうか?

しかし、エアコンにより発汗を抑えてしまうと、

からだにはさまざまな影響がでてしまいますwobbly

【からだ=冷凍まぐろ状態にsign02
8月2日発売の「美人計画9月号」(青春出版社)でも
お話していますが・・・。
お刺身用のまぐろpiscesをスーパーで買って、
急速に解凍したときに、
血の混じった薄赤い水が切り身から流れだしますよね。
これは、「細胞膜」が破壊されたためです。
人間もまぐろも、一つ一つたんぱく質の皮に包まれた、
葡萄の様な形をした細胞があります。
急速な解凍により「葡萄の皮」にあたる細胞膜の部分が破れ、
中から汁が染み出した状態ということ。
(当然美味しくなくなってしまいますよねsweat01

恐ろしい事に、私たち人間のからだにも、
日々この「冷凍まぐろ」と同じような現象が起こっているんですsign03
毎日エアコンにより急速に冷やされ、
長時間冷蔵庫内のようにキンキンに冷えた室内でお仕事。
お昼休みに外にでたら、今度は急にアスファルトの上、
40度近い灼熱地獄へ~impact
・・・このような温度の変化が繰り返される事により、
血液・体液の循環が滞り、
抹消の細胞が一部破壊されてしまうのです。

骨折や打撲などと違い、内部出血を伴っていないので、
「激しい痛み」などは感じませんが、
知らず知らずに『組織破壊』がされているということ!
(怖いですね~)
これは「プチ・エコノミー症候群」のようなもの。
「なんとなくだるいな~」と思っている人は要注意!
細胞が破壊され、染み出した体液が
「むくみ」や「だるさ」の原因になっているんですよ。

【からだVSエアコンimpact
1日中エアコンをフル稼働させていると、
室外機の熱で街中は一層暑くなりますよね。
また、夜もエアコンをつけっぱなしで眠ってしまうと、
寝汗がかけないので、体には水がたまったまま。
先月に引き続き、ついつい水分をとりすぎてしまいがちなので、
腎臓の疲れもたまっています。
くたびれた腎臓は「恐怖」の感情をひきおこすので、
この時期は悪夢にうなされる人も多いのです。
また、腎臓が機能不全になって体内の水の流れが悪くなると、
体はどんな手段でもいいから汗をだそうとします。
「エアコンに対するひそかな抵抗」が
悪夢をみさせるのかもしれませんね。

【氷枕をして眠るのもNGsign02
先日いただいたコメントのお答えですが、
通常の睡眠では「氷枕で眠る」のも
発汗の調節をしている後頭部(=からだの管制塔)を
冷やしてしまうのでNGです!
暑くて寝苦しいときは、おでこを冷やしましょう☆

【だるさ・むくみを解消するには】
①疲れた腎臓には、冷たいものはNG。
 暑い時期こそ、温かいお茶を飲みましょう。
②エアコンでかきそびれた汗を捨てましょう。
 「寝る前&モーニング腰湯」で
 こまめに汗をかくことで、気になるニオイ対策にもなります。
③「水含み」をして、水分の吸収効率を高めましょう。
  悪夢をみて寝汗びっしょりになると、からだが渇いてしまって
  水分が胃につかえてしまうことがあるのでご注意!
④「足バイバイ体操」(「骨盤教室」P22)で血液の循環をよくしましょう。
 「冷凍まぐろ」状態を予防するには、足の筋肉を使うこと。
 血液は「心臓のポンプ」と「第2の心臓=足の筋肉」によって循環しています。
 1日に最低30分は歩くとGOODです!

◆◆ 8月のからだ☆レシピ ◆◆
旬のさんまを美味しく食べよう ⇒『整体生活 和の暦』P50
からだを温めるしょうがと肺臓を助ける長ねぎで元気いっぱい☆

①さんまを3枚におろしてうすくスライス
②4分の1丁に切ったお豆腐に乗せる
③おろししょうがと白髪ねぎ、香り付けにごま油を少々。
※味付けはしょうゆ・ポン酢・塩などお好みで・・・

それでは!来月もお楽しみに!
ゼミィ

08:57 AM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42811/42030540

※寺門さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です: ●○からだマガジン8月号○●:

» 簡単料理レシピの正しい活用法 [簡単料理レシピの正しい活用法 から]
簡単に出来て、さらに、おいしい料理のレシピ活用法をご紹介しています 続きを読む

受信 Aug 6, 2008 1:52:53 AM

コメント

ありがとうございます!!!
思い切ってお尋ねしてよかったです。
毎年、夏バテと戦ってるのですが、今年こそは寺門先生の運動と食事で乗り切りまっす!!
ありがとうございました。
これからもご活躍を楽しみにしてます。

投稿者: akiko (Aug 5, 2008 9:20:18 AM)

こんばんは。いつもいろいろためになる情報ありがとうございます。腰湯は毎日の日課で、腰湯を始めてから、意味不明の頭痛・目の疲労がなくなりました。毎日元気にすごしてます!
便乗して質問させてください!後頭部を冷やしてはだめだということですが、脇の下も同じようにダメなのでしょうか?
先日祖父が入院して発熱した時、看護婦さんが脇の下を冷やしていたと聞いて、寝苦しい夜に脇の下を冷やしてみると、ぐっすり眠れたのですが・・・(アイスノンみたいなもので)
なるべくクーラーに頼らず過ごしたいと思っていろいろ試しています。どうぞよろしくお願いします。

投稿者: ひろみ (Aug 5, 2008 9:10:07 PM)

コメントを書く





Insert Emoticon