« MOONSOAPでヘアケア♪♪ | トップページ | ☆新商品☆発売のお知らせ »

2008年08月23日

処暑~二十四節気とカラダ

今回のテーマ:処暑(しょしょ)
8月23日~9月6日


昼間はまだまだ暑い日が続きますが,
一頃に比べると,むっとする暑さがなくなってきた感じがしますね。
特に朝晩は涼しい風が吹いたりして,
気持ちがいい日が増えて参りましたhappy01

暦の上でも,「暑さがおさまる」という意味の節気です。

          *               *             *

暑さが一段落してきたとはいっても,まだ昼間は暑い日々が続いています。

この頃になってくると,ぐぐっと疲れてくる臓器があります。
それは,腎臓ちゃん。
体の中では「水分処理係」を担当しています。

「あつい~」なんて言ってガンガン飲んでいた
冷たい飲み物やら,アイスやら。
または
「あつい~~!!」なんて言ってガンガンにかけていた冷房やら。
または
「あついんだもん!」なんていってしてきた薄着。

 

Syosyo1_4

腎臓ちゃんは慢性的に冷やすとフリーズして働かなくなります。
近代社会環境は、実は腎臓ちゃんには「試練の夏」。
でも,ここまで頑張ってきた腎臓ちゃんも,
いよいよエネルギー切れになってきます。
特に,気温の低下により,汗が今までのようにかけなくなってくると,
汗によって排泄していた分が,出せなくなり,さらに負担が~sweat02
このクタクタの腎臓ちゃんに,追い打ちをかけるように
ちょっとした冷えが入り込むと,ビンゴ!
回の生理は,いつもお腹なんて痛くならないんだけど,
1日だけものすごく痛くなって~」
「なんだかいつもよりドロドロで量も多かったんですけど~」
・・・なんて方がゼモン治療院でも続出しております(>_<)。
水ハケが悪くなると血液が濃くなるんです。


この〈クタクタ腎臓ちゃん〉を抱えたまま,気温がぐっと低くなり,
9月・10月に突入してしまうと,
余分な水分がからだの中に残ってしまい、それが体を鈍らせ・・・
→秋の特徴
【喉がイガイガ,肺がゼイゼイ】
なんていういや~な風邪をひいてしまう可能性も‥‥!

いまのうちに腎臓ちゃんの疲れをとってあげましょう。
shine腎臓レスキュー★レシピshine
・かけなくなってくる汗を,いつもの腰湯&しゃぶしゃぶでお助け。
・もしくはしり湯→腰湯セット!
(しり湯=腰湯とおなじスタイルで,浴槽にあぐらをかいて,
お尻の部分をしっかりあたためるバスエクササイズです!
腎臓を元気にしてくれる効果があります。)
・温かい五菜スープで疲れた内臓をほんわか温めて。
・手のひらを耳にあてて,じっくり温めるのも効果的。
ひっぱったりマッサージしてもGOOD!
(耳と腎臓にはふか~いつながりがあります。)

とくに,耳あたためはいつでも,どこでも,気軽にできるレシピの一つです。
耳をさわってみて,「あれれ,つめたいな?」
なんて時,とっても気持ちがいいですよ~。
是非,お試しあれ~!!

          *               *             * 

この時季のおすすめ食材   ☆ さんま ☆

8月中旬より,漁が解禁になり,多く見られるようになってきましたね。
今,なにかと話題のさんまfishですが,
活きがいい今の時季に食べない手はありませんね!

さんまには,不飽和脂肪酸のDHA(ドコサヘキサエン酸)
EPA(エイコサペンタエン酸)が多く含まれており,
これらには,血液サラサラ効果があります!
水分の代謝には,血液の代謝も大切!です。
さんまを食べて,汗出して~♪
Syosyo2_2

また,鉄分も多いので,女性にはうれしいお魚なのです!
前回の食材,ネギと一緒にいただくと,秋の準備は万端です★

*******************************************************

二十四節気とは,旧暦(太陰暦)において,

〈季節をあらわすための工夫〉として生み出されたものです。

季節というと,春・夏・秋・冬という四季をまずは思い出すことと思います。

この二十四節気では,1年を24に分け,それぞれの時季の自然現象などが

端的にあらわされています。

普段,つい忘れてしまう自然の流れを意識することもできますね。

もともとは中国の黄河地方でつくられたものですが,

当時日本を支えていた農作業,

農作物の成長の目安に適しているということで,

日本でも使われるようになった季節の目安です。

また,日本では,季節ごとに湿気や気温が大幅に変化します。

わたしたちは,なんとなく自然に過ごしているような気がしていますが,

カラダは季節に向けて,

カラダを整える工夫をしてくれているのです。

たとえばある季節におきがちなトラブルなどを前もって知ることができれば,

早いうちに,準備をしておくことができます。

自然の流れにカラダを合わせていくことで,

より快適で気持ちがいい毎日を過ごして行きたいですよね!

二十四節気とカラダの関係,それぞれの時季の過ごし方などを

2週間に一度お届けしてまいります!

09:57 AM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42811/42240956

※寺門さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です: 処暑~二十四節気とカラダ:

コメント

はじめまして。
あさくらゆかり と申します。

今まで、腰湯をしながら、
寺門様の著書「かわいいおんなの創り方」を読んでいました。

寺門様の著書に初めてであったのは、数年前でしょうか。
「自分のカラダを大切に!」
「カラダはとてもかわいいものですよ」
こんなメッセージに心がピンと反応し、
次々に著書を読ませていただきました。

私は5年間、スポーツジムに通っています。
カラダのため、ダイエットのため。健康のため・・・
でも、私に本当に必要なものは、運動ではなかったようです。

代謝が悪く、あまり汗をかかない私のカラダは常に
むくんでいたようです。
「余分な老廃物」のせいで、体調がすぐれないのだ、
ということに気づかせてくださったのが
寺門様でした。

さきほど、バスルームで、寺門様の本を読んでいて、
むしょうに寺門様とお話したくなり
「そうだ、HPかブログがあるはず!!」と思い立ち、
本の後ろのページからHPのURLをみつけてアクセスさせて
いただきました。こうしてメッセージを送ることができて
今少し興奮気味です☆

じつは、今、徹夜あけの状態です。
多忙をきわめ、自分のカラダのメンテナンスに
手がまわらない状態です・・・
でも、これではいけませんよね。
寺門様の本を読んで、心をいれかえなければ!

長文大変失礼いたしました。
長々と勝手なおしゃべりをそたことをお許しください。
また、こちらにお邪魔させてくださいね。
ありがとうございました。
                     あさくらゆかり

投稿者: あさくらゆかり (Aug 24, 2008 5:44:08 AM)

初めまして。
寺門先生の本をいつも楽しく読ませていただいています。
質問なんですが、骨盤体操は、朝は閉める体操、夜は開く体操を…とのことですが、
排卵後、受精をした場合、高潮期の骨盤体操により、受精卵が流れたりすることはないのでしょうか?
素人の質問で申し訳ないですが、お答えいただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。

投稿者: RISA (Sep 19, 2008 10:57:38 PM)

コメントを書く





Insert Emoticon