« 30代からはじめる“色気のあるからだ”づくり☆ | トップページ | アシスタントの感想 (関西骨盤教室) »

2008年09月13日

開眼☆肩甲骨!【PART1】

カルチャースクールでインストラクターをしてくださっているK先生より、

7月27日のイントラ勉強会の【美乳体操体験レポート】をいただきましたhappy01

体操を身につけていただくためのポイント、

オドロキの効果upが満載ですので、

皆様もぜひご参考になさってくださいnote

ゼミィ

****************************************************

カルチャーでの「美乳体操」ご指導にむけて、

まず、私自身がしっかりと美乳体操を実践出来ないと、

いいご指導につながらないので、

先輩先生方にご指導いただきながら体操を行いました。

Photo

《ひらく美乳体操》

●はじめに、あお向けに寝て、軽く「腰フリフリ」・「足バイバイ」をした後、

両手を天井にまっすぐ上げます。

※手のひらは5本指をしっかりそろえ、両肩は床から浮かないようにします。

●両手を天井に上げたら、親指から1本1本指をしっかり折って、

握っていきます。

※指をしっかり握る。

その後、こぶしの向きを変えて、深呼吸を1回行います。

※こぶしはMAXに握っています。

●次の吸う息とともに、両こぶしを胸腺に向けて、

重いものをひっぱるように引いていきます。

こぶしが胸腺ラインに来たら、「肩-肘-こぶし」が一直線になるように、

肘を床に真横に引きます。

※私はこの「一直線ライン」が、これまでうまく整いにくかったです。

●肘が床についたら、肘を支点に、背中を床から上げていきます。

後頭部は床についたまま背中を上げていくので、

肘にかなり力がはいりますが、ここで吸う息の続く限り

「肘を床にプッシュ&背中を上げる」に集中、集中、集中・・・

※こんなに長く息が吸えるのか?と思うほどでした。

●限界のところで脱力・・・一瞬、からだが固まったような間がありました。

次は、右の上半身の、特に肩甲骨下からウエストにかけて、

ギューっと縮むような、ツルような感覚がありました。

そばで先輩先生方が、いろいろ話しかけて下さっていたのですが、

「右が・・・」というのが精一杯くらいで、

目も開けられず、口を開くのが重い感じでした。

【PART2】に続きます!

お楽しみに!

09:57 AM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42811/42435794

※寺門さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です: 開眼☆肩甲骨!【PART1】:

コメント

コメントを書く





Insert Emoticon