« 腰痛にも効果バッチリ?! | トップページ | 五本指ストッキング 手放せません☆ »

2008年10月18日

からだを観察してみない??

105日に発売された『かわいい暮らしのからだ暦』。

Photo

ポプラ文庫です♪

日本にもっとも適した暦である「24節気」を体にあてはめた

便利な「からだガイド」です!

「その時季にどういうふうに暮らしたらいいか」

ということを、とても面白く細かく展開していく!

というコンセプトで作成した単行本「整体生活 和の暦」(白泉社)

の文庫化です。

おかげさまでポプラ社の「一般書の週間ベストセラーランキング」

では見事「ベスト3」に輝きました☆

※アマゾンはこちらへ

今回の発売を記念して、タク先生に特別インタビューをさせていただきました☆

ゼミィ

******************************************************************

ゼミィ:文庫単行本発刊は2003年でしたが、

その時にタク先生が書かれた「あとがき」が、

5年後の今年にもぴったりあてはまる状況ですよね。

タク先生:そうなんです!

新しい形の「日本人向けからだ的生活ガイド」作りに挑戦したわけですが、

それが今年文庫化されたことで、改めてこの1年を振り返ることができました。

5年前よりも一層、異常気象が発生し、

気象庁や気象予報士は困っていることでしょう。

各地で予測できない地震も頻発し、大きな被害がでていますよね・・・

ゼミィ:今後ももっと過酷な自然環境になるだろう、ということが、

TVのニュースなどでもよく伝えられていますよね。

そんな不安な状態のなか、私達ができることは

何だと思われますか?

タク先生:中国で生まれ、日本で育まれた24節気は、

「衣・食・住・からだ」についてのきめ細かいカレンダーです。

しかし、明治維新後に採用された「12ヶ月」のあまり変化のない西洋暦は、

日本には大雑把すぎて使えないんですよ。

これからの日本人は厳しい環境にある【現状】にあわせて、

「今の気象状況は、何がどうしてこうなっているのか?」

ということを理解して、

【変動制の暦】を作り出し、それに適応していく必要があります。

携帯サイトにも、サーファー向けの「なみある?」

という気象情報サイトがあります。

これは、天気予報よりもはるかに大量な「生」の情報が満載なんです。

それは機械や気象衛星だけではなく、

サーフポイントのある地元の、経験豊富な人たちの

「マンパワー」によって運営されているから。

TVの視聴率が計算できる今の技術があれば、

地元住民との連携して、今よりももっときめ細かい気象情報ができるはず!

そのために重要なのは機械でなく「マンパワー」なんですよね。

僕達ひとりひとりが、与えられているだけの気象情報から、

自らが参加する「インタラクティブな気象情報」を作り出すことが、

これからの日本人にとって重要な課題になると思います。

ゼミィ:最後に、「からだ」が快適に過ごせるように、

この「24節気」を身近で活用する方法を教えてください。

タク先生:

自らのからだの性質を知り、その性質と外的環境との因果関係を知る。

自分のからだを観察し続けると、体調をくずしやすい時季、

苦手な時期を把握できるはず。

そうしたら、そのための対策をみつけて、

来年のその時期を快適に過ごせるように準備していく・・・。

農家で毎年お米を作り続けるような、気の長い継続的な努力が、

「からだ」にとって快適な生活を生み出してくれるんです。

この『かわいい暮らしのからだ暦』は、僕にとって使いやすい生活暦。

皆さんもこれを参考に、

是非「ご自身にとって使いやすい暦」を作ってみてくださいね!

                                             

                                           

                                                      

09:57 AM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42811/42817091

※寺門さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です: からだを観察してみない??:

コメント

いつも楽しくブログ読まさせて頂いていますdelicious
質問なのですが、妊娠中の腰痛予防法とかってありますかねぇsad

投稿者: タカハシ (Oct 19, 2008 7:37:52 PM)

コメントを書く





Insert Emoticon