« お蔭様で、10万着!骨盤サポーター | トップページ | 冷えと耳あて »

2008年11月22日

小雪~二十四節気とカラダ

今回のテーマ:小雪(しょうせつ)

11月22日~12月6日

.

暦上では,冬とはいえ,まだ雪がそれほど降っているわけではない‥‥

という意味の節気です。

ここのところ,都市部では特に,暖冬sunの傾向が強まっているせいか,

この時期に雪snowが降ることはまれですね。

高い山fujiなどをみると,頂に白い雪をみることができるでしょう。

また,朝,息が白くなるのもこの頃と言われています。

.

今週の半ばくらいから,また一段ぐっと冷え込んできましたねsaddash

実際に,朝の通勤時には,息が白くなり,手先が冷えたり,耳が冷えたり。

そんなことも増えてきて,「ああ,冬ってこんな感じだったよなぁ~」なんて

毎年のように,新しく思い出すような新鮮な気持ちになります。

朝や晩にぐっと冷え込んでくると,からだも冷えてきますが,

そんなときに,オススメのアイテムは「耳あて(イヤーマフラー)」。

ゼモン治療院スタッフは,もう続々,with耳あてearで通勤しているようですrun

「耳があたたかいだけなのに,なんだか気持ちまで癒される~heart04」感じだそうです。

Syousetsu1

なぜ,耳をあっためるとよいのでしょう?

実は,前回もお話したように,〈冬〉と〈腎臓〉はとっても深い関係があります。

からだが冷えると,腎臓が腫れたり,疲れたり‥‥。

その腎臓と〈耳〉も,これまたつながりがあるのです。

腎臓geminiが冷えでクタクタだったり,やる気を失ってしまったりしていると,

ear耳がキーンと冷えたり,痛くなったり,固くなったり‥‥。

手でほんわかあっためてあげるだけでも良いのですが,

外気の冷たくなったこの季節だからこその耳あて。

ここのところ,ファッションとしても取り入れられているようで,

あちこちのショップでいろいろな種類の耳あてが売られていますshine

可愛い!lovelyと思えるものが見つかったら,耳あてLIFE,一緒に始めましょうscissors

.

また,冬の腎臓ちゃんは,冷えてなく,かつ,sweat02水分代謝sweat02がうまくいっていると

ゴキゲンに働いてくれます。

そのためには~,そう,いつもの〈腰湯〉です!

この季節はお風呂に入るのもあたたかくて気持ちがいいものですよね。

腰湯のときには,とくに浴室の冷えに気をつけて。

せっかくおへそから下をせっせと温めても,

上半身が冷えていては,出る汗も出なくなってしまいます。

腰湯Tシャツは長袖にするのはもちろん(肘が出ているかどうかで

汗の出は格段に違います!),首周りもしっかりタオルであたたかく。

ここまでは,腰湯マスターのみなさんはしっかり行っていると思いますが‥‥。

さらには頭にシャワーキャップ(ビニール袋でもいい)をかぶり,

頭皮からも汗をかいてあげられるとなおGOOD!

Syousetsu2

これから,年末にかけて,お仕事やら大掃除やら,忙しくなる方も多いと思いますが,

そんな頭の緊張や疲れも汗と一緒に流れていきますsweat01

お試し下さい☆

.

この時季のオススメ食材       ★ しょうが ★

暦上の冬に入ってから,寒さが一段落するまで,

冬の寒さに有効であり,さらに腎臓の強力な味方の食材が〈しょうが〉

しょうがの辛み成分ジンゲロール・ショウガオール・ジンゲロンには

血行を促進する作用や体を温める働きがあるほか,

新陳代謝を活発にしたり,発汗作用を高める働きがあるそうですupwardright

これからの季節においしい鍋にスライスして入れたり,

普段のおみそ汁にみじん切りにして加えたり‥‥。

もちろん,五菜スープもおからだぽかぽかになるので,オススメです。

スープのベースを作るときに,一緒に煮出せば,からだぽかぽかスープにもなります。

風邪をひいたときの葛が入ったショウガ湯なども有名ですが,

あまりお砂糖を入れすぎてしまうと,逆にからだが冷えてしまいます。

(市販のショウガ湯の素は,かなり甘いbearingですよね。)

できれば,お出汁とあわせて,ショウガスープにしていただくと,

余分なエネルギーも摂取せずに済み,風邪の治りも早くなりますよheart01

09:57 AM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42811/43168764

※寺門さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です: 小雪~二十四節気とカラダ:

コメント

コメントを書く





Insert Emoticon