« Merry Christmas ! | トップページ | カルチャー教室★1月期生募集中!! »

2008年12月26日

天国に一番近いクラゲ

Image187

タイミングを逃し、すっかりご報告が遅れてましたが

僕のアシスタントで、3月まで骨盤教室のインストラクター、

司会を勤めてくれていたマキが10月に結婚をしました。

旦那さんの仕事の都合で、上海にいます。

遠く離れた彼女を思うと、、、

娘を嫁がした、父親心境ですconfident

嬉しさと寂しさと、ちょっと心配と・・・

僕もおじさんになりました(笑)

そんなマキから telephone 電話がかかってきました。

どうやらやっと新婚旅行に行ったみたい。

「先生!新婚旅行先のニューカレドニアでくらげにさされましたcrying

どうしたらいいでしょう?!」

僕も以前ハワイで「エボシ」に刺され、

呼吸困難になってしまいましたcoldsweats02

その時<ビネガーパウダー>を刺された場所に

塗りこんで治まったので、伝えた所、、、お礼のメールが届きました。

クラゲがそんなに危険なものだったとは…

正しい情報と的確な応急処置は何より重要なことだと

あらためて身に染みました。

新婚旅行先のニューカレドニアの小さな離島での出来事でした。

刺された直後、先生のお顔がよぎったものの、

クラゲに刺されたくらいでご連絡したら診療中にご迷惑だと思い、

翌日症状が収束したのをいいことにそのままにしてしまいました。

旅行の下調べの段階ではクラゲに関する情報は全くなく、

現地に一軒しかないホテルのオーナーも

「何年も毎日泳いでるが、クラゲはみたことがない」と言っていました。

宿泊者が刺されたのはその日が初めてだったそうです。

旅行会社のスタッフにもとても驚かれました。

異常気増の影響などで予測しにくいことが

今後も増えるかもしれないですね。

これからも同じことがあるかもしれないので、

先生に今日教わった対処方法を現地の

ホテルスタッフにフィードバックしようと思います。

Cimg2116

犯人・・・カツオノエボシ

Cimg2102

天国に一番近い島

知人のダイバーインストラクターに聞いた話によると

「クラゲ情報は意外とガイドブックに載せていないんですよ」

・・・との事。

南の島に遊びに行くときは「ビネガーパウダー」は

必須アイテムかもね hospital

11:05 AM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42811/43532898

※寺門さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です: 天国に一番近いクラゲ:

コメント

コメントを書く





Insert Emoticon