« 一粒万倍日 | トップページ | 台中でのイベント »

2009年03月05日

啓蟄~二十四節気とカラダ~

今回のテーマ

Keititu1

3月5日~3月19日

冬至を越えて徐々に太陽の差す時間も増え、少しずつ地球もあたたまってきます。

冬に縮こまっていたからだを動かして「働きモード」に変えていく時季です☆

ここのところ、雪が降ったり、かと思うとちょっと暖かい日があったりと

セルフメンテナンスも大変な日々が続いていますが、

みなさんはいかがお過ごしですか?

ゼモン治療院でも、冬に風邪をひかなかった方や、ひいても大して発熱せず、

半端に終わってしまった方々の中で、この時季に再度風邪及び発熱する方が

いらっしゃいますwobblyspa

実は‥‥、この時季の発熱は花粉症の症状とおもしろい対比をみせてくれます。

発熱した方のなかで、花粉症の方が、みなさんおっしゃることには…

「発熱してから、花粉症の症状が出ない(もしくは楽になった)!」

タク先生いわく、冬場の食べすぎ、飲みすぎでの内臓の負担を、

熱でリセットできない半端な状態が、花粉症なんだよ、とのこと。

必要に応じて発熱ができるカラダも、しなやかカラダってことになのです♪

Keititu2

とはいっても、花粉症の症状が出ている方も多いことでしょう。

ということで、

花粉症対策レシピ~第3弾~

行きたいと思います!

今回は、「足湯」です!

どうも、先日の雪の日に

「先生~、何故かこんな湿気のある日に症状がでてるんですけど~!!」

なんていう方が続出している様子。

なぜ、花粉の飛散量が多くなさそうな日に、症状がでるのでしょう?

(しかも、普段でない方がでたりもしている様子。。。)

それは、足が冷えているから!

タク先生曰く~、足の冷え=鼻水とか!

くるぶしの数センチ上まで、足が熱くてじんじんするくらいの

お湯を入れて、じんわり汗をかくまであっためてspa

足首があったまると、喉のイガイガにも効果アリですnote

.

この時季のオススメ食材 ★ カモミール ★

Keititu3

漢方の世界でも、「菊花(カモミール)」は、肝を補う食べ物として知られています。

カモミールティーcafeとしておいしくいただく他、

ティーバックを目に乗せたり、蒸気をあてたり‥‥、

消炎効果もございますsmile

なんでも、植物としても、近くに生えている植物を元気にしたり、

害虫を予防してくれる効果もあるとか!

他のお茶とブレンドしたりして、お好みに合わせて利用してみてくださいheart01

08:57 AM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42811/44230802

※寺門さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です: 啓蟄~二十四節気とカラダ~:

コメント

コメントを書く





Insert Emoticon