« タク先生◆樹るう先生対談 後半 | トップページ | からだを乗り換えたような快感☆ »

2009年07月03日

○●からだマガジン7月号●○

文月です

梅雨明けはもう少し先になりそうですが、

季節は夏へと移っています

文月は、陰暦のこの時期に稲穂が膨らむ様子から、

「穂含月(ほふみづき)」になったという説と、

短冊に歌や字を書き、書道の上達を願った七夕にちなむ

「文披月(ふみひらきづき)」からきたという説があります

青々とした稲の穂が膨らむ様子も、

短冊を書き星に願いをかける様子も、

いずれも美しいものですね

今月のからだマガジンは、タク先生の七夕レシピと、

これからの暑い季節に向けての

セルフメンテナンスの方法をご紹介します

Image134

<七夕レシピ: 夢をかなえよう

7月7日の七夕の日、星に願いをかけてみませんか?

自分の夢を真っ白な紙に「単純な言葉」で書いて短冊にする。

近所の神社に祭る。

夢のことは忘れる。

「これ、からだマガジンでしょう? からだと関係あるの?

とガッカリされそうですが、あるのです

今、自分が望むことが、自分の中でハッキリしてくると、

からだに精気が充実してきます

「単純な言葉」=「望むことをはっきりさせる」です。

この充実した状態は、生物的に強いからだを作ります。

からだが強いことは、望みをかなえる可能性のキーになるのです。

そして大事なのは、「忘れること」。

忘れて、今、自分のやるべきことに邁進しましょう

そういう毎日をコツコツ積み重ね、

かっこいいからだを手にいれ、夢をかなえましょう。

タク先生いわく、夢がかなうのは、4年後かな~とのこと。

**********************

<暑い夏を快適に過ごすには・・・

これから暑くなると、湿度や冷房で

腎臓や心臓がくたびれてきます

そんな状況で、冷たい飲み物に手を出していると、

お腹を冷やして、下半身の血行が悪くなってきます

下半身の血行が悪くなると、

からだの下の方に血液が下りていかなくなるため、

手足は冷たいけれど、顔や頭は逆にほてるのです。

そしてさらに冷たいものに手を出すという悪循環!

腎臓、心臓をいたわり、

お腹を冷やさないようにするには、温かいスープや

辛い食べ物が有効です

冷たいものを召し上がる前にはぜひ!

お酒を飲む前にお味噌汁を飲んだり、

スープに豆板醤やキムチを入れるなど、

工夫してみて下さい

ピリ辛レバーファイヤー

中華鍋を熱して、大さじ1程度のゴマ油をなじませます。

おたま1杯の赤唐辛子を入れて炒めます。

香りがたったら、血ぬきをして一口大に切ったレバーを入れる。

お皿に盛りつけ、塩と白ゴマをふりかける。

ポイント: 

高温なほど美味しくできます。

レバーが苦手な方は豚肉や鶏肉でも

09:00 AM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

※寺門さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です: ○●からだマガジン7月号●○:

» キャベツ レシピ [キャベツ レシピ から]
キャベツのレシピは実にたくさんの種類があります。キャベツのレシピを覚えると料理の幅も広がりますよね。キャベツのレシピに関する情報をお届けします。 続きを読む

受信 Jul 4, 2009, 4:18:47 AM

コメント