« タク先生と樹るう先生の対談です! | トップページ | タク先生◆樹るう先生対談 後半 »

2009年07月01日

タク先生◆樹るう先生対談 前半

タク先生の新刊、
「寺門琢己のスッキリ元祖骨盤ダイエット」(日東書院)
7月15日発売を記念し、
この度、本のイラストを担当していただいた
樹るう先生との対談がおこなわれましたshine

テーマは「かわいいとは何か」で、全2回です。
後半は7月2日にアップ予定です。
どうぞ、お楽しみ下さいheart01

cherryかわいい」って感覚は、どこからくるの?

dog寺門: とにかく、るう先生の漫画は徹底的にかわいいですよね。
先生はよく「丸っこいものはかわいい」とおっしゃいますが、
どういうものをかわいいと思って描いていらっしゃいますか?eye

cat樹: 私は描くとき、何も考えていないですね。
感覚的なものなのでpen

dog寺門: そうか、先生の「かわいい」は
脳脊髄液につながっているのか(笑)

cat樹: ところで、ものを「かわいい」と感じる感覚は、
人間のどこからくるのでしょう?
先天的なものかな~とも思うし。
例えば、女の子は子供のときに、
「かわいい」と思って、人形遊びやままごとをするし、
動物が好きな人は、
あのフワフワの手触りを「かわいい」と思い、
その感じを知ってたまらないというのがあるvirgo

dog寺門: これは動物に限定されるかもしれないけれど、
「かわいい」って
生命を継承するための本能じゃないかと思うんです。

何か小さくて丸っこくて、毛が生えていて、
目がくりっとしていて、ふわふわであったかいものを、
たぶん、どの動物も
「かわいい」と感じるんじゃないかなあと思う。
アライグマも自分の子供をかわいいと思うし、
ネコも子猫を、そう思っているんじゃないかなあheart01
ひょっとすると、
動物は、人間より安定して
ちゃんと子供をかわいがっているかもしれない。

子供というものは、誰かがかわいがって、
躾などの、ちゃんと生きていくために必要な情報を、
その子に捕食能力がつくまで与えてあげなくては、
死んでしまいますよね。
本当は足手まといかもしれない。
でも、「かわいい」という感性があるので、
そのような幼くて自分だけでは生きていけないものが、
大人になるまで、育てる。
「まあ、大変だけど、かわいいからいいじゃん」
という世界があるのではないかとchick

余計なことだけど、人間の女の場合は、それを行使しすぎ。
いい年こいて、まだやってんのか、と思う(笑)

1

cherry「かわいい」って感覚は、必要なの?

cat樹: 狼が人間を育ててしまったり、ネコが犬を育てたりbud

dog寺門: そうそう。
「衣食足りて礼節を知る」という言葉があるけれど、
それは、はるかに動物の方がそうだなあと思う。
ペットとして飼われている犬、ネコ、アヒルとかって、
超仲良しになったりしますよねheart01

cat樹: ありますねpenguin

dog寺門: あれはちゃんとエサをもらえていて、
お互いに相手をエサにする必要がないから。
そういう場合、動物は人間より優しいですね。
人間の場合、
「衣食足りているわりに、礼節がない」かもしれない(笑)

その仲良しの感じ、「かわいい」と感じる感じは、
たぶんすごく感覚的なもので、
さわって柔らかかったり、あたたかかったり、
ほおずりしたくなるような感じだったりするのだと思うribbon

だからといって、全力でのぞむと、あまりに小さくて、
たとえばスズメだったら、死んじゃうし、
はかなげなものに対する、
一種のブレーキをかけながらの付き合いという感じがある。
イクラを「あ~かわいい、ブチュ、つぶれた」とか。
面白いですよね。

cat樹: ええ。upwardright
しかし、イクラ、かわいいですか?(笑)

dog寺門: (返事をせずニコニコ、そしておもむろに)
たぶん命の総体として、
それを続けていく上で必要なしくみに、
「かわいい」という感覚が、絶対必要なんだと思うhappy01

よく鬼ごっこだと「オマメ」というのがありますよね?
野生動物の世界で「オマメ的」でいられる期間がある。
たとえば、どんなにみんなが干ばつで飢えていても、
同種間で、しかも自分の子供は食べないでしょう?

cat樹: はい。私は動物が好きなので、
動物のドキュメンタリーなどよく見るんですが、
野生の動物が、
お母さんとか、群れの大人たちと、一緒に暮らして、
子供として過ごしている時間は、
あのような世界で生きている生き物としては、
すごく幸せなときなんだなあ:思いますhappy01

Photo

<後半へ続く>

06:57 AM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42811/45502877

※寺門さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です: タク先生◆樹るう先生対談 前半:

コメント

コメントを書く





Insert Emoticon