« タク先生◆樹るう先生対談 前半 | トップページ | ○●からだマガジン7月号●○ »

2009年07月02日

タク先生◆樹るう先生対談 後半

cherryかわいい」という感覚をもつためには?

dog寺門: ねえ(しみじみ)think

だって、ただ生きるというだけの意味で言えば、
同種間で生まれた赤ちゃんをバリバリ食っていれば
死なないで済みますよね?

ペンギンなどにしたって、
わざわざ面倒な陸上をバタバタ行って泳いで魚を獲って、
エサとして子供にあげるわけじゃないfish
ちょっと狂ったペンギンがいて、
そこらへんの幼いペンギンとか、卵とか、
バリバリ食べちゃったっていいわけです。

でもどちらかと言うと、
自然界でギリギリの生活をしている彼らはやらないのに、
余裕のある人間の方が、かえってそれをやるというのは、
たぶん何か感覚的なもの、
体感的に納得ができる何かが、
やらない方にあるのだと思うpenguin

エサをあげて保育する本能が満たされたりとか、
その獲ってきてあげる作業が、
実はちょっと体感的に快感だったりとか。
彼らは生きることに伴う労働を、
いとわずにやりますよねsweat01

cat樹: そうですね(しみじみ)confident

dog寺門: うん。
人間は、生きることに伴う労働をするのが面倒くさいので、
楽にしようという方向性で、近代文明を進めたけれど、
楽にした分、
きちんとそれを享受できているのかと言うと・・・。
うーん・・・(考え込む)sign04

そうすると、やはり「かわいい」と感じられる感覚、
例えば、ぬいぐるみがかわいいとか、
そういった触感的なかわいさから入って、
とりあえず「かわいい」ということに対して、
もう少し時間を割き、エネルギーを割き、
自分の想像力を駆使することが大事ではないかとbud

だから、例えば、るう先生の漫画を読んで、
その自分の中で作り出せない想像力を漫画を通して見て
「かわいい」と思えることで、
自分の中にその「生命体として必要なかわいい感覚」を、
呼び起こされるのが、よいというのかなheart01

cat樹: ねえ・・・chick

「日本人はそんなに愛がなくて殺伐としている」
といいますけれど、
みんなもうネコが大好きでかわいがったりとか、
かわいいものがブームになったりとか、
私みたいな者の漫画がそこそこ売れたりとか、
やはりみんな、実体験する場がなくても、
そういう自分の「かわいい」という感覚を、
どこかに発散させたいというか、発展させたいというか、
そういう感覚を、ちゃんと持っていると思うんですtulip

だから、頭のよい人たちは色々心配するのだけれど、
あまり心配することもないのではないかなあ・・・と
私は思います。
みんな、ちゃんと持っているじゃん、みたいな。

dog寺門: かわいいネタで何とか盛り上がろうとしている、
ってことですよねshine

cat樹: (うなずく)そうですねshine

2

cherry「かわいい」と感じる感覚は、パワー

dog寺門: 本能の三大要求というと・・・eye

cat樹: 食欲、性欲、睡眠欲ですねhappy01

dog寺門: そう、それプラス、
俺は「かわいい欲」ってあると思うのheart04

cat樹: あります、絶対あると思いますribbon

dog寺門: (嬉しそうに)ねー、そうだよねhappy01
だから盲点なのよ、
この「かわいい欲」というものを、明文化していないところが、
人間の今の弱点だね。

cat樹: 何かこう「かわいい~!」と思っていたいというかchick

dog寺門: 例えば、自分の命を捨てても、
ということが起こる理由というのは、
この子がかわいいからとか、
お姫さまを守るために命を投げ出すとか、
ディズニーの王子さま系のものも全部そうだと思うdiamond

cat樹: 「かわいい」は現代のキーワードだと思いますよ。
「Japan Kawaii」という言葉もあるしvirgo

dog寺門: るう先生が「私、こんなものを描いているんですよ」と、
ご自分の漫画を持ってきて下さったとき、
あまりにかわいくて、目と心臓が飛び出した感じがしたんです。

僕は、かわいいものを見ると、超人的パワーが湧くpunch
対象は何でもいいんです。
人間、仕事、漫画、何でもOK。
かわいいものを見ると、
僕の「かわいいモード」にドピャっとチャージが入るannoy

例えば、どう転んでもむなしいことがあるとしますよね。
土砂降りの雨の日に仕事でへとへとに疲れて事務所を出て、
やっと家に着いたのに、
鍵を忘れ、携帯電話も同時に忘れてしまったとかrain

cat樹: それは悲しいですねsweat02

dog寺門: でも事務所に
ポヨのぬいぐるみが置いてあることを思い出したら
(注:タク先生は、るう先生の「ポヨポヨ観察日記」に
出てくるネコのポヨの大ファンです)、
鍵と携帯を取りに帰る元気が出るheart01

cat樹: それは先生に
ポヨのぬいぐるみをプレゼントしなくては!!(笑)happy02

dog寺門: 対象が人間である必要はないんですよ。
明確にかわいい、愛する対象があればいいんです。
かわいくてうっとりするものがあれば、人は大丈夫ですgood

2_2

<完> 最後までお付き合い下さり、ありがとうございました!

現在「本当にあった笑える話」8月号(ぶんか社)、好評発売中です。

連載中の寺門琢己原作、樹るう漫画「骨盤学園DEポン」は第5回、

濃いキャラが続々登場です!happy02

「からだコラム」は今回はお休み、

お2人が盛り上がって弾んだ、別の対談が掲載されていますtulip

4_809_

07:00 AM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42811/45502977

※寺門さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です: タク先生◆樹るう先生対談 後半:

» 涼感ひえひえクールシーツについて [涼感ひえひえクールシーツで快眠 から]
涼感ひえひえクールシーツで夏の寝苦しい夜も安心快眠。 涼感ひえひえクールシーツの特徴や効果、口コミ、通販情報をお伝えします。 続きを読む

受信 Jul 2, 2009 12:16:11 PM

コメント

コメントを書く





Insert Emoticon