« 頭蓋骨教室★ご感想★ | トップページ | 立秋~二十四節気とカラダ~ »

2009年08月06日

○●からだマガジン8月号●○

葉月です

今年の梅雨は思ったよりも長かったですね!

やっとこれから夏本番というところでしょうか?

今月のからだマガジンは、夏のからだについてお話します

Image143

夏に気をつけるべき

セルフメンテナンスのポイントはいくつかありますが、

冷房

食べ物

日焼け

は、そんな中のキーポイントです

<冷房>

クーラーでからだを積極的に冷やそうとするのは男性に多く、

女性は比較的クーラーの冷気を嫌がる方が多い傾向にありますが、

そのいずれにしても、クーラーとの付き合いで気にすべきことは、

「汗をかけるかどうか」「冷えすぎていないか」ということです

汗をかけないと代謝が悪くなり、からだはゴミを捨てられずに

どんどんむくんでいきます。

クーラーを利用した方が逆に汗をかきやすいこともありますので、

何が何でもクーラーを嫌わず、ポイントを押さえて

上手に付き合いましょう

非常に湿度が高く、暑い場合~

クーラーで湿度や温度の調整をした方が、

逆に上手に汗をかけることがあります。

特に湿度が高くて空気がビショビショの場合、

からだが湿度の高さについていけずに、

汗をかけない場合も多いのです。

湿度計でマメに空気のビショビショ具合をチェックして、

自分のからだと相談しましょう!

湿度が高いときに汗をかくには、腰湯も効果的です。

腰湯

熱めのお湯をおへその下の高さまでバスタブにはります。

上半身はTシャツ、首にはタオルを。

5分~10分で、汗がどっと出てきます

オフィスやビルの冷房でからだが冷えてしまった場合~

会社や公共の場所では、

エアコンの調整も自分の好きなようにできません。

冷えてしまった! と感じた時は、

お家に帰って、からだを労わってあげましょう

冷房による急激な冷えには腕湯が良いでしょう。

腕湯

洗面台に熱めのお湯をはり、軽く腕を組んで

指先からひじまでつけて2~3分

ひたいや首筋が汗ばんできたらできあがり。

肩こり、肌荒れにも効果的です

<食べ物>

冷たい食べ物や飲み物のとりすぎで、

意外とこの時期 、内臓は冷えています

温かいスープやお茶を、意識的に摂りましょう。

内臓が温まり、汗やおしっこの出がよくなります

<日焼け>

夏休みに思いっきり運動をして、ダイエット!と

張り切っていらっしゃる方もいると思います。

その際、日焼けには十分気をつけて下さい

できたら、屋外での運動は、朝か夕方以降にしましょう。

急激な日焼けはヤケドです

ヤケドをすると、火傷毒素であるヒストトキシンが発生し、

それによって、腎臓が疲れて、からだがむくむのです

どうして運動しているのに太るのかしら? と

夏に思った方は、からだがむくんでいるのかもしれません。

もともと日焼けのベースがあって、肌が焼けている方は大丈夫

日焼けは悪いことばかりでなく、良い面もあるのですが、

急激なのが良くありません。

十分に気をつけて、元気ハツラツの夏男さん、夏子さんに

なって下さいね

05:00 PM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

※寺門さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です: ○●からだマガジン8月号●○:

コメント