« Z-MON事務所夏休みのお知らせ | トップページ | ○●からだマガジン9月号●○ »

2009年09月07日

白露~二十四節気とカラダ~

今回のテーマ

Hakuro1

9月7日~9月22日

.

朝晩の気温が少しずつ下がり,木の葉などに白く露がつくようになる頃です。

確かに暑い日もまだありますが,朝晩は特に

涼しさを感じるようになりましたよね。

秋の雰囲気を肌で感じられるようになっても来ました。

.

前回,「処暑」の回でもお話しましたが,

肌で感じる空気に秋を感じるのは,気温や湿度が減少しているからです。

湿度の減少に伴い,粘膜の乾燥も感じるようになりました。

元々,からだの中に水分の少ない〈閉まり型〉さんはとくに,

早速肌のカサカサや,水分が足りなくからだがカラカラする感覚を感じているようです。

逆に〈開き型〉さんは,むくみが出たりすることによる乾燥も始まります。

必要なところに水分がなく,いらないところに水分がたまってしまうのです。

そういえば,唇がカサカサしてきたわ…!なんて方もいらっしゃることでしょう。

リップクリームを塗るのもよいですが,からだの内側から潤わせてあげましょう。

◆秋の乾燥対策レシピ

・お馴染み〈水含み

Hakuro2

・暖かい水分(スープなど)をとる

・もちろん汗をかく

.

また,乾燥や汗が出せなくなることにより,胃液が濃くなったりもします。

胃液が濃くなるとどうなるか…?

食べたものは次々消化されてしまいます。胃の中はすぐにからっぽに。

寂しくなった胃は,さらに食べ物を欲します。

また食べたものが次々消化され,また食べ物が欲しくなり…

なんていう「食べすぎスパイラル」に!

食欲の秋とはよくいったものですが,実は胃液が濃くなったことにより,

食欲をからだが調整できなくなっているということなのです。

妙にお腹が空いてる気がするのに,食べた後だるい…

なんて方は,「食べすぎスパイラル」の初期段階。

早目に対処しましょう。

◆食べすぎスパイラルを防ぐ!

・汗を出す

・食べる前に暖かいスープを飲む

Hakuro3

・足首&腰を冷やさない

冷えたからだは次々食べ物が入ってきても,

からだがなかなかあたたまらず,一向に満足しません。

腰湯やスープでからだをあたためてから食事,習慣づけたいものですね。

.

この時季のオススメ食材  ★さつまいも★

今が旬のさつまいも。

Hakuro4

さつまいもに含まれるカリウムが,体内の塩分バランスを調整してくれ,

むくみ予防にオススメ。

また,食物繊維とヤラピンが便秘の解消に効果があります。

ついつい食べ過ぎるこの季節に,食物繊維のとれる皮ごとどうぞ!

おやつにすると,少ない量でも満足感が得られますwink

08:57 AM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42811/46056997

※寺門さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です: 白露~二十四節気とカラダ~:

コメント

乾燥気味なのか、よくわかりませんが、
喉が渇く気はしています。

そして、水分代謝が悪くなっているのか、
夜になると微熱が出るのです。
疲れているからでしょうか?
自分では自律神経失調気味な気がしているのですが。
これも、季節と関係しているのでしょうか?

投稿者: kirako (Sep 7, 2009 11:04:05 PM)

コメントを書く





Insert Emoticon