« 立冬~二十四節気とカラダ~ | トップページ | 小雪~二十四節気とカラダ »

2009年11月18日

○●11月からだマガジン●○

霜月です

立冬も過ぎ、いよいよ冬到来ですね!

朝晩、だいぶ冷え込むようになり、

コートやマフラーの出番も多くなってきました

風邪をひいている方も多いようです

今月のからだマガジンは、風邪の予防法や

冬のからだについてお話します

Image157

きりりと空気が引き締まって気持い~い(?)、つらい!

など、反応はさまざまですが、寒くなっていくのは同じです

例年寒くなると、風邪やインフルエンザが流行します

これはウィルスのせいもありますが、

大気が乾燥している中で暖房をつけて、さらに室内が

カラカラに乾いているといった環境も、原因の1つ

のどや鼻、口の中の粘膜が乾燥すると、

ウィルスが侵入しやすくなるのです。

ウィルスの多くは湿度にとても弱いのですが

逆を言えば、乾燥に強い!

ウィルスを弱らせ、その侵入を防ぐためにも、

この時季、お部屋を乾燥させないように、加湿器を

つけるなどして、湿度を上げる工夫をしましょう

<この時季のおススメ☆歩く!

風邪やインフルエンザのウィルスに対抗する抵抗力を

つけるには、血液循環を良くすることが大切です

一番簡単な方法は、手足の腱を十分に使うこと

手先、足先を動かすことで、からだのすみずみにまで

血が通います

その結果、全身の血行が良くなり、

からだの抵抗力が増すのです

それで風邪をひきにくくなるというわけです

心臓から遠い場所をよく動かすことが、

全身の血行を良くするのには効果的なので、

足を動かして歩くことが、とても良いのです

同じ理由で、指の曲げ伸ばしなども良いでしょう。

足の指を使うと、血行が良くなるばかりでなく、

からだの歪みも調整できます

炎症は関節の歪んだところに起こりやすいのですが、

たとえば、首の関節に歪みがあると、

風邪をひきやすくなります

しかし、首を直接さわって、首の関節の歪みをなおすのは、

難しいのです。

しかし、足の指を動かしたり、足全体を使うようにすれば、

首の関節は、次第に調整されてきます

首の関節の歪みがなくなり、足の指をしっかり使って

立ったり歩いたりできるようになれば、

全身のシルエットも美しくなってきますよ!

<この季節のおススメ料理>

温かい野菜スープを積極的にとりましょう

この季節、水分補給が大切ですが、

お水だけ飲むよりも、スープなど、軽く塩分のある

水分をとった方が、からだにしっかり入っていきます

11:27 PM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

※寺門さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です: ○●11月からだマガジン●○:

コメント