« 2月7日(日)頭蓋骨教室&整体道場 | トップページ | 2月7日☆頭蓋骨教室 »

2010年02月04日

立春~二十四節気とカラダ~

2010rissyun1

2月4日~2月18日

いよいよ暦は春へ。

とはいっても,この立春の日は実は一年で一番寒い日とも言われています。

関東では,1日の夜には雪が降りましたよね。

確かに毎年,立春頃に雪が降ることが多いです。

しかし,逆に言うと,今日より寒い日はもう来ない…という意味でもあります。

だからこそ,春の始まりなのですね。

.

さて,先週あたりから,すでにあちこちで,

花粉が飛びはじめたというニュースが報じられています。

2010rissyun3_2

花粉症といえば,関係が深い臓器は肝臓。ちょうど春の五臓でもあります。

年末年始に食べ過ぎ,飲み過ぎた方などは,すでに肝臓が腫れていますsweat01

うつぶせになると,肝臓のある右と,左の背中の高さが違うことも。

誰かにチェックしてもらってもいいですし,

自分でうつぶせになってみても,わかるかもしれません。

肝臓は,痛くなったりすることはない臓器なため,疲れがわかりにくいのです。

なので,客観的にチェックしてみましょう。

2010rissyun2

また,最近,なんでもないような段差でつまづいてしまう…

なんて方はいらっしゃいませんか?

肝臓が疲れていたりすると,肝臓の経絡がつっぱってしまい,

足首を甲側に折り曲げにくくなってしまうそうなのです。

そうすると,普段は普通に歩いていける少しの段差に,足がひっかかってしまいます。

他にも,なんだかちょっとしたことで頭に来てしまったりするのも,

肝臓からのお疲れサイン。

花粉症の方もそうでない方も,肝臓お疲れチェックで,

花粉症予防のための対策を致しましょう。

【花粉症対策!肝臓あたため】

チェックで肝臓が疲れてない感じだった方も,とても気持ちがいいレシピです。

・肝臓のある右側を上に,横になります。

・手を右の脇腹のあたりにあてます(肝臓の位置です)。

・あとは目をつぶり,気持ちがいいと思うだけそのまま手で肝臓をあたためましょう。

これからしばらく,花粉症の季節が続きます。

寝る前やリラックスタイムの習慣にして

(肝臓と関係の深い目は,使わないようにできるとなおよし),

肝臓を元気にしてあげましょう。

2010risyunn5 .

また,前回の腸のお話がまだでした。

やはり吐き下しの風邪をひいてしまう方はまだまだ多いです。

立春の頃になると,寒い中でも,からだは春の準備を始めています。

実は,毎年お話しておりますがsweat02冬の間にからだは,

熱をからだの内側にためこむ傾向があるため,

便や水分が体内にたまってしまっているのです。

それが,春の訪れの気配とともに,外に出始めます。

沢山ため込んでしまっている方は,激しく排出したりする方も‥‥。

からだの雪解けですので,薬などでとめずに,

しっかりいらないものは出してあげるようにすると,

そのあとはスッキリ!しますよwink

この時季のオススメ食材  ★ しじみ ★

肝臓,といえばお馴染みのしじみ。

飲む方へのサプリメントやドリンクにもよく利用されてますね。

アミノ酸のバランスが抜群で,なかでも,

代表的タウリンは,胆汁の排泄を促し,肝臓の解毒作用を活性化させ,

強肝作用があるメチオニンも多く含まれています。

ほかにもビタミンB12にも肝機能を活発にさせる効果があります。

この時季は五菜しじみスープを作っていただくのがオススメ。

毎日とっていただいてもいいくらいですよ~。

03:00 PM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42811/47473038

※寺門さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です: 立春~二十四節気とカラダ~:

コメント

コメントを書く





Insert Emoticon