« ご無沙汰です! | トップページ | 頭蓋骨教室 »

2010年05月15日

整体道場

5月23日(日)は、新宿の安与ホールで、

頭蓋骨教室と整体道場を行う予定でおりますhappy01

この「整体道場」は、アドバンスクラスということで、

ベーシッククラスを4回以上いらして下さった方を

対象に行っていました。

これは「骨盤教室」からの流れで、

まだ骨盤の開閉論が多くの方に認知されて

いなかった頃に、参加回数が多い方とそうでない方の

どちらにも教室を楽しんでいただくために、

基本的な情報や体操が身についている方向けの教室と、

興味をもって下さり、これから体操を始めてみようと

いう方向けの教室を2パターン作ったのです。

2004年にスタートした年4回の教室も、もう6年です。

ご参加下さる方達もさまざまになり、地方からいらして下さる方、

本の読者の方、第1回からの皆勤賞の方、初参加の方、

本当、とてもありがたいと思います。

現在、整体道場では「愉気法」を、教室の1つの柱として、

ご紹介しております。

「愉気法」は、人や動物が自然に行っている動作でもあり、

生物が本来持っている素晴らしい行為であると思います。

教室で「愉気法」を皆さんとやっていていつも感じるのが、

教室の空気がとても清浄になり、参加者の皆さんの

動きやたたずまいが、お母さんのそれのように、とても

優しく美しくなるということですshine

愉気法は1人で自分のためにやっても良いのですが、

他の方に行うことによって、その方ばかりでなく、実際に

愉気法を行った方も、イキイキ元気になるメンテナンス法です。

実際僕はZ-MON治療院で1日中多くの患者さんのおからだを

みさせていただいて、「これだけ多くの方のからだをさわって、

先生自身は疲れないのですか?」と、聞かれることもありますが、

その逆で、どんどん元気になっていきますgood

もちろん愉気だけではなく、僕ができ、やることを許されている

あらゆる方法で患者さんの治療をさせていただいているのですが、

少なくとも「気」が弱ったりすることはありません。

そのように、相手あっての「愉気」で、整体道場の場で、

いろいろな方と相互に実践するのは、とても意味あることです。

長く参加して下さっているアドバンスクラスの方の中には、

とても頼もしい先輩方もいらっしゃり、「もっといろいろな方と

愉気法をしてみたい」と、おっしゃっていました。

たとえば初参加の方がいらっしゃっても、

十分一緒に楽しんでいただけると思います。

僕の目指した教室の形は、「愉気」を通して

相互に健康の保持増進をはかったり、日本に生まれた

この貴重な身体文化をみんなで伝えあっていくものです。

そのため、整体道場をもっと開かれたオープンな教室に

しようと考え、今回の教室から、初参加の方、ベーシックを

4回修了されていない方も、「オマメ」として、

ご参加いただけるようにいたしましたbud

子供のころ、僕は弟や弟の友達を「オマメ」にして遊びましたが、

結構楽しかったですnote 逆に「オマメ」になって近所の

お兄さんと遊ぶのも楽しかったなあ。

今まで参加をあきらめていた方も奮ってご参加下さい!

今回のテーマは「心臓」です。

ドキドキやパニック症候群、心にささったトゲの抜き方など、

お話したいと思っておりますhappy01

詳細は、僕のHP GIRLSWAVE www.girlswave.com をご覧いただきたいと

思います。

ご不明な点も、教室事務局スタッフまでお気軽にお尋ね下さいscissors

お会いできるのを楽しみにしておりますsun

taku

05:57 PM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42811/48364822

※寺門さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です: 整体道場:

コメント

”愉気”について、いつも思い出される、ダンテ、”神曲”から。ーわたしの何かが解き放たれて、同時に自由な緊張感とも言うべきものが緩やかに密度を高めているのが分かる わたしの内、わたしの外という感覚がそこにはなく、一種の磁場のようなものが空間を支配していた それは目に見えるようなものでも そこに確かにあると言い得るようなものでもなく 曖昧ながらも愛や情のように 私たちが確かな手ごたえを持って感じる感情のその原型、いってみれば 感 そのものとして感知されるべき力として辺りを支配していた... おそらく人間にとっては愛とは初原のちからなのだ/ 素晴らしいですね!ダンテは個人的な力とともに、他者の力、関係の力というものを重要視しています。人は関係の中に生きており、死んでも尚単に、個人的な存在ではない..寺門先生が、からだモード/あたまモード、という表現をされていますが、ずっとそのことについて考えていました。どうして、”モード”なのだろう..?からだは、そしていのちは、”ひとときのくらひにてしかもすでにさきありのちあり”ということなのでしょうか。

投稿者: db (May 21, 2010 7:42:59 AM)

琢先生のファンです!僕は今不健康で悩んでます。克服して琢先生みたいになりたいです!

投稿者: タケテン (Jun 15, 2010 9:56:40 PM)

コメントを書く





Insert Emoticon