« ラブラブ~ | トップページ | 伊豆のお塩とバスソルト-2 »

2014年01月15日

伊豆のお塩とバスソルト-1

Z-MON治療院スタッフのHonekoです。

今日はバスソルトのご紹介です。happy01

開発者のしーちゃんはタク先生とは長いお付き合い、

ゼモン治療院の患者さんでもあるカッコイイママ、

私もあんな風になれたらと思います。 (「アネキ」と呼ばせて下さい!) 

以下、しーちゃんより。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

年が明けて一段と冷え込みが増したような気がします。

こんな真冬でも、時間さえあれば元気に海へ向かうサーファー、それがタク先生。

 

最近のお気に入りスポットは、伊豆のとある海。

感動的なほどに透明度が高く、魚たちもぴょんぴょんごきげんに水面を飛び跳ねているそうです。

 

タク先生曰く「伊豆の海は、海水が他の海と全然違う」と。

何でも、長時間波乗りをしていても、皮膚がピリピリすることもなく、

舐めるとまろやかで甘味が感じられる海水なんだとか。

 

「伊豆の塩は、きっといいよ!」

 

そんなタク先生のオススメである伊豆の塩を贅沢に使用したバスソルト(入浴剤)がこちら、

“Monthly Bath Salts 4 Every Woman”(「マンスリーバスソルト」)です。

 

Activegirls_03

Handsomewomen_03

商品の詳細については、Webサイト(www.mayc.jp)にてご確認いただければと思いますが、

この商品を開発した経緯をお話しさせていただこうと思います。

私が学生のとき、

タク先生の著書『かわいいからだ』シリーズの制作をお手伝いしたことから、

骨盤の開閉運動などについて知り、

また実際に治療院に通う中で、

本当にさまざまなことを教えていただきました。

Photo_3

私はもともとズボラな上に、編集者という仕事柄、

生活の不規則さはまったく自慢できないほどでしたが、

基本的に健康体だったからか、

自分のからだについて真剣に考えることをあまりしてきませんでした。

ですが生理痛や片頭痛はひどく、

ピークにはベッドの中で丸まっているしか手立てがないくらいでしたので、

なんとかできるものなら…とも考えてはいました。

 

それが、かれこれ15年、

からだやこころの観察方法や付き合い方を繰り返し繰り返し先生に教えていただき、

自分の心身に対して、少しずつですが、真面目に向き合ってきたことで、

スムースに心身が動くような毎日の環境づくりを

自分の手でできるようになってきました。

2人の子どもたちも生後1ヶ月から毎週、タク先生に見ていただいています。

おかげさまで2人とも、本当にすくすくと育っています。

Yuurikunchiakichan_3

まだまだ途上ですが、タク先生とのお付き合いを通して感じるのは、

「自分のからだやこころを知るために真摯に向き合うこと」の大切さです。

 

お医者さんや薬に頼ることは簡単ですが、

自分だけが一生付き合っていくこのからだ、健康にそしてできれば美しく保ちたいと思ったら、

自分自身で責任をもって積極的に働きかけていくほか、方法はないのだと思います。

また、私自身母親であることを通して強く感じるのは、

女性が健康でキレイなら、世の中たいてい平和」だということ!

女友達・彼女・奥さん・お母さん……彼女たちの心身のアップダウンこそ、毎日が平和で終わるかどうかのカギとなることは、皆さまご納得いただけるかと思います。

 

このような経緯で、タク先生に教えていただいた心身に対する健康的な捉え方を

より多くの方々にご紹介できればと思い、

私なりにできることを考えた結果誕生したのが、

女性のための入浴剤「マンスリーバスソルト」でした。

<つづく>

08:18 PM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42811/58951327

※寺門さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆のお塩とバスソルト-1:

コメント

コメントを書く





Insert Emoticon