2010年03月06日

啓蟄~二十四節気とカラダ~

2010keititu1

3月6日~3月20日

.

おなじみ,虫たちが地中からはい上がってくる節気です。

昨日は春らしい日になりましたね。

今日は一転,気温がぐっと下がってますが,

寒い日の中にも春の空気を感じられるようになってきました。

.

こうなると増えるのが花粉症。

ゼモン治療院でも,花粉症の症状をよく聞くようになりました。

以前もお話しましたが,今回も花粉症対策についてお話したいと思います。

まず,花粉症は「うまいことひけない風邪」と同じようなこと。

からだの新陳代謝が赤ちゃんのようにスムーズにいっていれば,

一時熱がかっと出て,すうっとひいて終われることなのに,

大人になるとなかなかそうもいかないのです。

.

さらに,ちょっと昨年末を思い出してみましょう。

あのときわいわいみんなで食べたり飲んだりしたあんなものやこんなもの…,

そんなことを続けてきたからだは,とくに内臓などはすっかりお疲れです。

春は,からだが良くも悪くも,変化が表にでやすい時季です。

例えば,内臓が疲れたまま春を迎えたからだは,血流が良くなってくることで,

その疲れをどっと表に出してきます。

その一つが花粉症ということになるのです。

2010keititut2

冬の間にうまいこと発熱したりして,

内臓(とくに肝臓)の疲れをお掃除できていれば,

花粉症の症状はかなり軽減できていると思うのですが……。

とはいっても,無理矢理発熱することもできませんので,

擬似的に発熱っぽい状態にからだをもっていってあげましょう。

続きを読む... "啓蟄~二十四節気とカラダ~"

10:58 AM | 固定リンク | トラックバック (0) | 感想・コメントはこちら (0)

2010年02月19日

雨水~二十四節気とカラダ~

2010usui1

2月19日~3月5日

雪解け水を現す「雨水」の名前。

現実の東京では雪が降ってばかりいますけれども。

.

最近は,年末よりも寒いような気もしますし,

しかし晴れると温かく,春が近づいていることを感じる気もします。

寒暖の差が大きい最近,ゼモン治療院で多いご症状は,肩の痛み。

寒さで首をすくめたりすることで,肩が凝ったりなどは

確かに冬の症状としてよくあります。

特に,立春を過ぎてからというもの,からだは雪解けを始め,

きゅうっと固くなった頭蓋骨や全身がゆるみ始める準備をしています。

そんな時にまた寒くなったりすると,余計に急激に首の緊張がやってきます。

その首の緊張により,肩に影響が出て来るわけです。

耳から鎖骨に向かって,首を斜めに横断するように

【胸鎖乳突筋】という筋肉があります。

2010usui2_2 

ここが緊張すると,つながっている鎖骨にも当然影響がありますよね。

鎖骨は肩甲骨とセットになっている(『美乳教室』に詳しい説明があります☆)ので,

首の筋肉の緊張が,肩や背中の痛みとなって出て来るわけです。

また,痛くなる側にも傾向があります。

右側が痛いという方,この春,なんだかぷんぷん,

エネルギーを外部に発散している感じではないですか?

左側が痛い方は,逆に,内側にエネルギーが篭ってしまって,

なんだか鬱々しているのでは…?

(詳しくは,『かわいいからだの救急箱』肩こりの項目をチェック!)

だがしかし,あたたかくなって,春本番になったときには

からだもココロも元気な状態でいたいですよね。

どちらのタイプのあなたにも,この時季オススメの対策があります!

【ふわふわ帽子作戦☆】

続きを読む... "雨水~二十四節気とカラダ~"

01:00 PM | 固定リンク | トラックバック (0) | 感想・コメントはこちら (1)

2010年02月04日

立春~二十四節気とカラダ~

2010rissyun1

2月4日~2月18日

いよいよ暦は春へ。

とはいっても,この立春の日は実は一年で一番寒い日とも言われています。

関東では,1日の夜には雪が降りましたよね。

確かに毎年,立春頃に雪が降ることが多いです。

しかし,逆に言うと,今日より寒い日はもう来ない…という意味でもあります。

だからこそ,春の始まりなのですね。

.

さて,先週あたりから,すでにあちこちで,

花粉が飛びはじめたというニュースが報じられています。

2010rissyun3_2

花粉症といえば,関係が深い臓器は肝臓。ちょうど春の五臓でもあります。

年末年始に食べ過ぎ,飲み過ぎた方などは,すでに肝臓が腫れていますsweat01

うつぶせになると,肝臓のある右と,左の背中の高さが違うことも。

誰かにチェックしてもらってもいいですし,

自分でうつぶせになってみても,わかるかもしれません。

肝臓は,痛くなったりすることはない臓器なため,疲れがわかりにくいのです。

なので,客観的にチェックしてみましょう。

2010rissyun2

また,最近,なんでもないような段差でつまづいてしまう…

なんて方はいらっしゃいませんか?

肝臓が疲れていたりすると,肝臓の経絡がつっぱってしまい,

足首を甲側に折り曲げにくくなってしまうそうなのです。

そうすると,普段は普通に歩いていける少しの段差に,足がひっかかってしまいます。

他にも,なんだかちょっとしたことで頭に来てしまったりするのも,

肝臓からのお疲れサイン。

花粉症の方もそうでない方も,肝臓お疲れチェックで,

花粉症予防のための対策を致しましょう。

【花粉症対策!肝臓あたため】

続きを読む... "立春~二十四節気とカラダ~"

03:00 PM | 固定リンク | トラックバック (0) | 感想・コメントはこちら (0)

2010年01月20日

大寒~二十四節気とカラダ~

2010daikan1

1月20日~2月3日

一年で一番寒い時季です。

でも,この2週間で,冬はおしまい。

先週は東京でも雪混じりになり,とても寒かったですね。

それとは逆に今週の始めは暖かく,不思議な感じです。

近頃,ゼモン治療院の患者さんにあったご症状のひとつが,「胃腸の不調」。

1/17からは春の土用です。

土用と言えば,脾臓と関係が深い時季。

そして脾臓と胃は裏表の関係があります。

時季的にも胃にきやすいのは理由があったのです。

また,冬の始めにもにもお話しましたが,

気温が下がったり,乾燥が激しかったりすると,

体液…特に胃液の濃度がUPします。

食べ過ぎを自覚されている方はもちろん,

そんなに食べてる気がしない方でも,

多少の食べ物でもからだに負担がきやすい時でもあります。

腸も同じで,なんだか便秘気味だな~とか,

なんとなくお腹が重い感じがするのが続いている,

もしくは,過敏性腸症候群なんて診断される方もいらっしゃるのがこの時季。

.

そんな皆さんに,食べ過ぎチェック法をお伝えします。

名付けて〈舌チェック〉!

2010daikan2

続きを読む... "大寒~二十四節気とカラダ~"

02:00 PM | 固定リンク | トラックバック (0) | 感想・コメントはこちら (1)

2009年12月22日

冬至~二十四節気とカラダ

今回のテーマ

2009touji1

12月22日~1月4日

ぐっと冷え込んで参りました。

地方によっては,ここ数日で雪snowが降ったところも多かったようですね。

とくに12月22日は,1年で一番,夜が長い日となりますnight

しかし,冬の寒さはこれからどんどん厳しくなるのです。

.

・冬の気持ちの傾向

寒さが身にしみるようになってくると,

なんとなく明るい気持ちにはなりにくくなります。

なんだか,急に今後のことが不安になったり,

お友達と接していても,「本当は私のこと,イヤなんじゃないかしら」なんて

思ってしまったりsaddash

実際の状況よりも,悪くとらえてしまうこと,

心配しすぎてしまうことが増えたりします。

実は,それもからだと関係があるのです。

冬のポイント臓器である「腎臓」は,「不安な気持ち」「おそれ」を司ります。

特に,腎臓タイプ(新刊『かわいいからだ予報』を参考にしてみてください☆)

に属する方,冬がなんとなく苦手なんだよな~なんて方,

思い当たる節はありませんか?

体調が悪くなると,気持ちもふさぎがちになることは,

みなさんも体感しているところかと思いますが,

実は,季節とからだ,そして気持ちも関係があるのです。

そして,からだから,その傾向に対処することもできます。

2009touji2_2

今回の場合,一番のオススメはやっぱり「腰湯」です。

汗をしっかりかくこと,そして,からだを中からあたためることで,

この時季冷えて滞りがちになる排尿をしっかりできるように

してあげられます。

ただ,温かくなるだけでもかなり「ほっ」としますが,

汗をかいてあげられると,さらに気分的にもスッキリしますし,

今の時季から年始くらいまでは,

特に意識してこまめに腰湯をしてあげてください☆

.

続きを読む... "冬至~二十四節気とカラダ"

03:38 PM | 固定リンク | トラックバック (0) | 感想・コメントはこちら (1)

2009年11月22日

小雪~二十四節気とカラダ

Syousetsu1_2

11月22日~12月6日

高い山に雪が見られる頃です。

ますます,ぐっと冷え込む日が増えてきました。

おうちでも,夜は暖房を入れたくなりますね。

ゼモン治療院でも,おなじみのストーブを点け始めました。

冬のゼモンは患者さんがいらっしゃると,

「いや~,あったかいですね~」という声があがります。

メガネが曇るほどの湿気と気温です

.

【冷え対策のポイント~睡眠編~】

そんな今,寒さ対策といえば,そう,いつもの

「はらまき」と「レッグウォーマー」です!

特に,寝るときに装着していただくと,あたたかいうえに,

ぐっする眠ることもできるオマケつきです☆

Syousetsu2_3 

最近,ゼモンにて,患者さんから多く出るご質問で,

「レッグウォーマーは,靴下じゃだめなんですか~?」というのがございます。

たしかに,最近モコモコ靴下がいろんなところ,コンビニでも売られるようになり,

手軽に,締め付けられずに,足下が温かく守れるようになってきました。

もちろん,昼間や起きている間は,靴下で指先までしっかり保護して大丈夫です。

問題は寝るとき。

足の指先には,体温調整を行うセンサーがついています。

その部分を靴下ですっかり覆ってしまいますと,

足指センサーでは「いま,あたたかい!」と感知してしまい,

汗を出します。つまり寝汗をかいてしまうのです。

汗自体はもちろん悪いことではない‥‥のですが,

冬の場合,それが寝ている間にすっかり冷えてしまい,

結果,風邪につながってしまうのです。

いくら足がひえているからといっても,

指先は何も覆わずにお布団に入りましょう!

Syousetsu4

さて,また,腰湯後にも気をつけた方がいいポイントが。

続きを読む... "小雪~二十四節気とカラダ"

09:57 AM | 固定リンク | トラックバック (0) | 感想・コメントはこちら (0)

2009年11月07日

立冬~二十四節気とカラダ~

今回のテーマ

09rittou1

11月7日~11月22日

いよいよ暦は冬へ。

.

先週は,秋から冬への移り変わり。

年に4回ある〈土用〉の時季でした。

土用の時季は,五臓でいうと脾臓がらみの症状がでやすいのです。

脾臓は位置的にもと深い関係があり,

ゼモン治療院でも,胃関係のトラブルの方や,

背中が重い…なんて方がいらっしゃいました。

そういえばちょうど先週,寒波が来て,急にぐっと寒くなりましたよね。

そうすると,ただでさえ背中が重いところを,

さらに首をすくめたり,肩をすぼませて寒さから身を守ろうと

無意識のうちにしてしまいます。

結果,さらに首から肩,背中がガチガチに…。

今回は,そんな時にオススメの肩まわりホカホカレシピをお伝えします☆

.

【肩甲骨パタパタ体操】

おなじみ,タク先生の著書『美乳教室』にも掲載してある体操です。

両手を背中側で握手し,腕を伸ばしながら

自然に上がる範囲まで上げたり下げたりを繰り返すだけです☆

09rittou2

続きを読む... "立冬~二十四節気とカラダ~"

10:57 AM | 固定リンク | トラックバック (0) | 感想・コメントはこちら (1)

2009年10月24日

霜降~二十四節気とカラダ~

今回のテーマ

Soukou1_2

10月23日~11月6日

秋の最後の節気です。

次は立冬。この節気の後半は季節の変わり目,土用となります。

霜が降りるという意味のこの節気。

まだ昼間は温かい日がありますが,空気の乾燥はぐんぐん進み

「鼻の奥が痛い!」「唇がばりばり(T-T)」「目がカラカラ」「肌が痒いよ~」

なんて声があちこちから聞こえてきます。

spaそんな乾燥持ちの皆様,お風呂が気持ち良く感じる今の季節から,

腰湯を初めてみませんか?

からだマガジンでも,二十四節気とからだでも,

毎回のように出てくるセルフメンテナンス法の腰湯。

まだやったことがない方,やってはみたものの,

イマイチ汗が出なくてやめてしまった方,

逆にのぼせてしまった方はいらっしゃいませんか?

今回は腰湯特集と題しまして,

今一度改めて腰湯の方法を振り返ってみたいと思います。

ポイントを押さえれば,腰湯で汗をかくのも簡単になりますよ~!

【腰湯の基本ルールcoldsweats01

◆お湯の温度は高めup

半身浴と混同されやすい腰湯ですが,大きな違いはお湯の温度。

手をいれて、熱く感じるくらいの温度がいいあんばい。

タク先生は47℃くらいとのことですが(熱い!),

湯温の感じ方には大きく個人差がありますし,初心者さんにはオススメしません。

43~44℃から始めて,慣れてきたら少しずつ上げていくのがよいでしょう。

◆湯量はおへそが隠れるくらい

よくあるのが「汗が出る前に苦しくなってしまって」や

「のぼせてしまい,やるのが怖くなってしまいました」などのご意見。

こちらの原因はほぼ湯量かと思われます。

特にみぞおちまでお湯がかかってしまうと,断然苦しくなる率がUPします。

心臓もお湯につかってしまい,バクバクします。

おへそが隠れるか隠れないかのあたりがのぼせず,

効率よく汗を出す適切な量ですね☆

そのあと入浴する方または家族がいるために元の湯量が多い方には,

椅子を浴槽に入れるのがオススメです。

Soukou2_3

◆上半身は冷やさない!

半身浴との大きな違いの2つ目として,

上半身は着衣のまま行うというのがあります。

Tシャツが一番オススメです。

特にこれからの季節には長袖を着て,肘を出さないようにすると,

汗も出やすくなりますよ。

◆首にはタオルを!

また,上半身を冷やさないということで,

Tシャツに必ずプラスして頂きたいのが首まわり。

せめてハンドタオルで,できれば大きめのタオルで,

首まわりをしっかりガードしてあげて下さい。

◆汗が流れるまでsweat01

ぬるいお湯で腰湯をしてると,なかなか汗が出てきません。

上記のポイントをおさえて腰湯をすれば,

10~15分で頭からどばどば汗が流れてきます。

本当に「したたる」という表現がぴったりな程出ますよ!!

.

【オプションlovely

続きを読む... "霜降~二十四節気とカラダ~"

01:20 AM | 固定リンク | トラックバック (0) | 感想・コメントはこちら (0)

2009年10月08日

寒露~二十四節気とカラダ~

今回のテーマ

Kanro1

10月8日~10月22日

収穫の時期。お祭り(収穫祭)も,あちこちで行われております。

暦のうえでは,秋雨も終盤になり,朝晩の冷え込みが厳しくなる頃です。

しかし,関東地方では台風が直撃するとのニュースがtyphoon

.

◆台風と体調◆

台風が来ると,気圧がぐっと下がり,気圧が大きく変化することで,

いろいろな症状がでてくる方も多くいらっしゃいます。

なぜ,気圧と体調が関係するのでしょう?

それは〈脳脊髄液〉が深く関わっています。

脳脊髄液という言葉を初めて聞いた方も多いと思いますが,

脳のまわりを循環する無色透明の液体のことです。

Kanro2_2

タク先生の著書『愛とからだとこころとしっぽ』にもありますように,

「日々,イキイキ! つやつや!」なんて方は,

脳脊髄液の循環がスムーズ,ぐーるぐる巡っています☆

逆に,な~んとなく体調がイマイチ‥‥なんてときは,

循環があまりうまくいっていません。

続きを読む... "寒露~二十四節気とカラダ~"

01:00 PM | 固定リンク | トラックバック (0) | 感想・コメントはこちら (1)

2009年09月23日

秋分~二十四節気とカラダ~

今回のテーマ

Syubun1

一気に涼しい風が吹き,秋らしい澄んだ空がよく見られるようになりました。

朝の出勤時にはついつい携帯を空に向け,

シャッター音を響かせてしまうことも多い最近です。

また,お彼岸でお墓参りに行った方も多いのではないでしょうか。

年に2回だけの,昼と夜の長さが同じになる日。秋分の日です。

今日からどんどん,昼間が夜より短くなっていきます。

太陽sunのパワーが届く時間も短く。それに伴い,気温も下がって参ります。

.

さて,気温や湿度が一気に下がってきているここのところ,

敏感なゼモン治療院の患者さんたちも,その影響を受けて,

いろいろな症状が出てきているようです。

そのひとつに,

「何故だか歯を噛み締めてしまっているようだbearing」というのがあります。

気づくと奥歯にぎゅっと力が入っていたり,朝起きぬけにそのことに気付いたり。

これも気温と湿度の低下downwardrightによるもの。

続きを読む... "秋分~二十四節気とカラダ~"

09:57 AM | 固定リンク | トラックバック (0) | 感想・コメントはこちら (0)

2009年09月07日

白露~二十四節気とカラダ~

今回のテーマ

Hakuro1

9月7日~9月22日

.

朝晩の気温が少しずつ下がり,木の葉などに白く露がつくようになる頃です。

確かに暑い日もまだありますが,朝晩は特に

涼しさを感じるようになりましたよね。

秋の雰囲気を肌で感じられるようになっても来ました。

.

前回,「処暑」の回でもお話しましたが,

肌で感じる空気に秋を感じるのは,気温や湿度が減少しているからです。

湿度の減少に伴い,粘膜の乾燥も感じるようになりました。

元々,からだの中に水分の少ない〈閉まり型〉さんはとくに,

早速肌のカサカサや,水分が足りなくからだがカラカラする感覚を感じているようです。

逆に〈開き型〉さんは,むくみが出たりすることによる乾燥も始まります。

必要なところに水分がなく,いらないところに水分がたまってしまうのです。

そういえば,唇がカサカサしてきたわ…!なんて方もいらっしゃることでしょう。

リップクリームを塗るのもよいですが,からだの内側から潤わせてあげましょう。

◆秋の乾燥対策レシピ

・お馴染み〈水含み

Hakuro2

・暖かい水分(スープなど)をとる

・もちろん汗をかく

.

また,乾燥や汗が出せなくなることにより,胃液が濃くなったりもします。

胃液が濃くなるとどうなるか…?

食べたものは次々消化されてしまいます。胃の中はすぐにからっぽに。

寂しくなった胃は,さらに食べ物を欲します。

また食べたものが次々消化され,また食べ物が欲しくなり…

なんていう「食べすぎスパイラル」に!

続きを読む... "白露~二十四節気とカラダ~"

08:57 AM | 固定リンク | トラックバック (0) | 感想・コメントはこちら (1)

2009年08月23日

処暑~二十四節気とカラダ~

今回のテーマ

Syosyo1 

8月23日~9月6日

暑さもおさまってくる‥‥という意味の節気です。

お盆も過ぎました。なんだか,今週に入ってから,

少しずつ風が秋の雰囲気を帯びてきたような気がしますね。

.

前回お話した,汗をかきにくくなる現象を体感し始めている方も多いかと思います。

それと同時に,ゼモン治療院では,風邪をひく方もちらほら出て参りました。

今週になってインフルエンザの話題も多く

ニュースで取り上げられるようにもなってきましたね。

いくら発熱がからだをリニューアルしてくれる…とはいえ,

無駄な風邪はひきたくありませんよね。

秋の気配とともに,確かに汗の量は減っています。

しかし,それだけですぐ風邪をひいてしまうのでしょうか?

風邪をひくかどうかのキーポイントは,寝汗です。

寝汗のことだけでゼモンではひとしきり話ができるくらい,

寝汗は重要な事項なのです。

寝汗をかくというのは,寝ている間にからだが

その日あった変化をリセットしてくれている証拠。

うまく寝汗をかけないと,むくみや冷えなど,

からだがうまく循環してないことによる各症状を,寝ている間にリセットできません。

それが、「目が覚めたら喉が痛くて…」などの風邪症状にもつながります。

もし,そんな状態のときにインフルエンザウイルスが近くにあったら…,

あっという間に感染してしまうと思いませんか?

寝汗がかける状態にするには,やはり今回も,腰湯です。

もし,腰湯後に寝汗がかけなくても,夜のうちに腰湯で汗を出しておけば,

本来寝汗で出したい分の汗を,腰湯で出すことができますgood

さらに,この季節,汗をかけないことにより,胃液が濃くなって,

胃炎などの症状もでやすいのですsign01

腰湯は,濃くなり過ぎた胃液の濃度調整にも有効heart04なのです。

ぜひとも活用していきましょう~!!

続きを読む... "処暑~二十四節気とカラダ~"

09:57 AM | 固定リンク | トラックバック (1) | 感想・コメントはこちら (0)

2009年08月07日

立秋~二十四節気とカラダ~

今回のテーマ

Rissyuu1

8月7日~8月22日

暦の上では,本日より秋です。

とはいっても,立秋の日は,一番気温が高い日とも言われています。

これよりはもう暑くはならない…というのがこの節気です。

今年は日差し満載!という日よりは,なんとなく薄曇りな日が多く,

夏が好きな方には物足りなく感じるのではないでしょうか?

◆秋の準備はやっぱり汗出し

とはいっても,気温は高い日々が続いております。

今はまだ考えにくいと思いますが,この節気を境に,

少しずつ気温や湿度が下がってきます。

その時に一番気をつけなくてはいけないのは,

皮膚からの循環がスムーズかどうかということ。

つまり,いつもお話してることばかりですがsweat01

汗をきちんとかいてますか?sweat02sweat02ということです。

Rissyuu2

これから気温が下がるとともに,どんどん汗をかきにくくなっていきます。

今のうちに,夏の分の汗をしっかりかききってあげないと,

なんだか喉がイガイガする~などの,呼吸器のトラブルにもつながるのです。

秋の臓器は〈肺臓〉。

肺と呼吸器はとってもつながりが深いですよね。

秋になって,気管支炎などにならないためにも,

夏の終わりに向けて,しっかり汗を出してあげましょう。

続きを読む... "立秋~二十四節気とカラダ~"

08:57 AM | 固定リンク | トラックバック (1) | 感想・コメントはこちら (0)

2009年07月07日

小暑~二十四節気とカラダ~

今回のテーマ

Syousyo1_3

7月7日~7月22日

しずつ,い日々が増えて来ました。夏も本格的に近づく「小暑」です。

7月2日には「半夏生(はんげしょう)」という,雑節もあります。

この半夏生に雨rainが降ると,「天から毒が降ってくる」と,

「この日には井戸にふたをしろ」とか,

「この日の水は飲んではいけないsweat01」ということを言われたそうです。

今年の7月2日は雨が降っていたような‥‥sweat02sweat02

湿気と気温もぐっと高くなるので,

食中毒に対する注意を喚起する意味でのいわれでしょうね。

.

◆汗の出の自己認識

さてさて、そんな〈水〉に関係が深いこの時季,ゼモンでは

「なんだか尿の出がイマイチ…」とか,「膀胱炎かな?」なんて方が

ちらほらいらっしゃいます。

「お汗の出はどうですか?」とアシスタントが聞くと,

「汗は出てると思うのだけれど…」言う方が続々。

でも、実は…、汗の出はまだまだ足りないのです!

続きを読む... "小暑~二十四節気とカラダ~"

08:57 AM | 固定リンク | トラックバック (3) | 感想・コメントはこちら (1)

2009年06月22日

夏至~二十四節気とカラダ

今回のテーマ

Geshi1

6月21日~7月6日

最近,まだ明るいから夕方かな…なんて思っていると,

あれ?もう18時? なんてことも増えてきました。

本日が一年で一番太陽がでている時間が長い「夏至」の日です。

とはいっても今は梅雨時期なため,太陽が実際に照っている時間は少なく,

気温は立秋にピークを迎えるとか。

.

最近は「汗だしをすると,簡単に汗が良く出ますsweat01」というご報告もよく聞きますhappy01

外気の湿度や気温の高まりupとともに,

からだの中からも水分sweat02が出やすくなっているようです。

タク先生によると,

「この,汗がよく出る今のうちに,しっかり汗を出しておくと

wave楽しい夏sunがやってくるよ~☆」とのことheart04

梅雨明けの体調は今の過ごし方にかかっていると言っても

過言ではないようです!

.

タク先生は常々,

一人一人のからだには,毎年同じようなことが起きる。

それは、一人ずつの顔や性格があるように,

一人ずつの臓器のバランスやからだのクセがあるから。

先に「この季節になると私のからだはこうなる」という傾向がわかっていれば,

先に対処することもできるでしょ! とおっしゃってます。

とは言っても昨年あったことも忘れてしまうのが私たち。

タク先生からのメッセージはそんな私たちの強い味方ですねf^_^;

続きを読む... "夏至~二十四節気とカラダ"

08:57 AM | 固定リンク | トラックバック (0) | 感想・コメントはこちら (0)

2009年06月05日

芒種~二十四節気とカラダ~

今回のテーマ

Bousyu1

6月5日~6月20日

稲や麦などの穂のある植物の種という意味の節気です。

2週間前には秋蒔きの麦を刈り取ったばかりだというのに、

この時季の農業は忙しいものですね。


6月に入り、なんとなく曇り空の日も増えました。

6月11日には、暦の上での入梅。梅雨時期ももうすぐそこまできているようです。

Bousyu2

この時季のポイントはとにかく「水分sweat02」。

Z-MONでも、春のむくみがやっと落ち着いたというのに、

またここ1週間くらい、むくみが気になってきた! なんて声もちらほら。

そこまでいかなくても、からだが重いという方、なんとなくだるい、

眠いなんて方は多くいらっしゃいます。

逆に「水分カラカラだよ、今すぐ水を飲んで~」なんてタク先生に言われている方も。

アトピーなどの症状がある方も、この時季にでやすくなったりします。

全ての原因は水分調整sweat01

いらない水分はしっかり捨てて、必要な水分が

からだの細胞一つ一つにある状態にしてあげたいものですね。

ということで、前回から引き続き、水分の循環のよいからだづくりをご提案いたします☆

【水分調整レシピ】

◆晩の腰湯に合わせ技

腰湯の前後に行うと効果的なメニューをタク先生に伺いました☆

続きを読む... "芒種~二十四節気とカラダ~"

10:39 AM | 固定リンク | トラックバック (0) | 感想・コメントはこちら (0)

2009年05月21日

小満~二十四節気とカラダ~

今回のテーマ

Syouman1

5月21日~6月5日

初夏と呼ばれるこの頃、暦では、麦などが実り、ほっと一息というところです。

さらに、本日はタク先生のバーshinethunder

タク先生はこんな爽やかな時季に生まれたんですね♪

.

湿気が高くなってきたこの時季に、

なぜかインフルエンザが流行っているようですね。

新しいインフルエンザは毒性は弱いということですが、

できることならかからずに元気に過ごしたいものですよね。

そこでですが、周りの湿気が高くなってきてるのに、

何故か目が妙に乾燥したり、唇がカサカサしたり、

肌が荒れ気味なんて方はいらっしゃいませんか?

これはからだの内部は乾燥しているということ。

通常、弱毒性のインフルエンザウイルスは、のどの細胞に感染するそう。

乾燥している粘膜は、ウイルスを外に排出することができず、

感染しやすい状態も同然。

特に、のどの粘膜はばっちりうるおわせて、しっかり予防しましょう!

対策としては、「水含み」はもちろん、「塩含み」もおススメ。

続きを読む... "小満~二十四節気とカラダ~"

08:57 AM | 固定リンク | トラックバック (0) | 感想・コメントはこちら (2)

2009年05月08日

立夏~二十四節気とカラダ

今回のテーマ

Rikka1

5月5日~5月20日

ゴールデンウィーク,皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

5月に入って,いきなり暑い日が続きましたね☆

実は,暦上でも,5月5日からは「夏」ということになります。

まわりの景色をみても,春の間は木々の緑が白っぽく見えましたが,

最近は新緑という言葉がよく似合う,輝く緑色ですね!

5月2日には「八十八夜」も迎えました。

八十八夜とは,立春から88日目という意味。

春から夏に季節が移り変わり,農作業が忙しくなるのもこの頃。

(最近は,この時期に田植えもよく行われているようです。)

からだも,夏の準備を始めます。

春に「むくみ」が出やすい‥‥という話は

タク先生著『整体生活和の暦』でも詳しいところです。

まだむくみがとれない,なんて方はいらっしゃいませんか?

からだの水分がうまく循環せず,

いらないところに水分をためてしまっているのが,「むくみ」の状態。

からだの深部‥‥,細胞ひとつひとつは,実際には脱水状態になっています。

なぜかこの季節「なんだか乾燥する~」なんて方も多いのです。

鼻の粘膜がカラカラになったり,口が渇いたり。

粘膜の乾燥は,インフルエンザなどにかかりやすくなる原因にもなります。

さらに,この,むくみの状態のまま梅雨時期を迎えてしまうと,

さらにからだが重くなってしまう‥‥ということにも。

次の季節には,不調は持ち越したくはないものです。

そこで,春のむくみ解消(&乾燥対策)レシピを!

■足組フリフリ体操

むくみの原因となる,腰椎3番のねじれを解消し,水はけをよくする体操です☆

Rikka2

むくんでいるときに行うと,普段よりも背中がキツ~イことも。

30フリフリを1セットとして,気になるときに行ってみてください。

続きを読む... "立夏~二十四節気とカラダ"

06:52 PM | 固定リンク | トラックバック (1) | 感想・コメントはこちら (1)

2009年04月20日

穀雨~二十四節気とカラダ~

今回のテーマ

Kokuu1

4月20日~5月4日

穀物を潤す恵みの雨が降るという節気です。

次の節気には夏になります。

春から夏へ移り変わる,「土用」もこの時季と重なっています(18日~)。

sun暖かい日も増えて参りましたね。

今年は一気に寒い春から暖かい春になりました。

東京では,少し暑い感じさえする,電車に乗ると涼しい風(=冷房)

がかかる日もでてきました。

さて,春眠暁を覚えずとはよく言われることですが,

タク先生いわく,ここ最近,眠くなってくるのは,気温の上昇により

頭蓋骨が緩んでくるのが原因とか!

頭蓋骨はパズルピースみたいなものが何個も合わさって

あの丸い形になっています。

一つずつの繋がり目は,

骨盤や肩甲骨とともに開いたり,閉じたり…。

顔の大きさも変われば,ぴったりだった帽子が入らなくなることや,

逆にゆるくなったりすることもあります。

ある繋ぎ目にサビつきがあると,そこを起点に頭痛になることも。

それがまた,春,気温が高くなったここ1~2週間で起きているのです。

眠くなった方はすんなり頭蓋骨が緩んだ方。

サビつきがあると、この時季に頭痛になる可能性がぐっとUP。

眠くて眠くてたまらない! どーしてくれよう!! 

という方も,しっかり全身を緩めて,からだモードにしてあげることで,

からだはしっかりメンテナンスをしてくれます☆

眠い時期がおわれば,おからだスッキリ!になっているはず。

ということで,今回は,

【春眠な方も頭痛の方もレシピ】です。

続きを読む... "穀雨~二十四節気とカラダ~"

08:57 AM | 固定リンク | トラックバック (0) | 感想・コメントはこちら (0)

2009年03月20日

春分~二十四節気とカラダ~

今回のテーマ

Syunbun1_3

3月20日~4月4日

.

言わずとしれた,1年の中で2日しかない,「昼夜の時間が一緒になる日」。

また,17日からはお彼岸でもあります。

春のお彼岸にあわせた和菓子は‥‥春に咲く「牡丹」より,

「ぼたもち(牡丹餅)」と言われています。風流ですね~lovely

(スーパーなどでは「おはぎ」で売られてますが,じつは,それは秋の呼び名なのです。)

.

春分は,昔の人にとっては,自然に感謝し,春を祝福する日

だったそうですconfident

確かに,お彼岸の声を聞く頃から,徐々に暖かい日が増えてきております。

夕方になると,ちょっと気持ちいいような強めの風が吹いてきたり。

ついつい春気分で,足元をブーツからパンプスに履きかえ,

今まで履いていたレッグウォーマーを脱いでしまってはいませんか~?

この季節の風は湿気をたくさん含んでおり,冬の乾燥した風とは

全くタイプが違います。

この風で体調をくずす方が多いのですbearing

冬が終わり,からだもゆるんできたところへの,湿気のある

風のパーンチ!で,足元も冷えてしまう方がとっても多いです。

Syunbun3_3

足が冷えてくると,徐々に腰が痛くなってきてしまったりもします。

暖かくなってきたからといって,油断は禁物!

しっかり足元をまもってあげましょう~shine

【春の足元おまもりレシピ】

足指ニギニギ・足首まわし

骨盤教室に通われているかたには,とってもおなじみの2つの体操。

もちろん,ブーツを履いたり,レッグウォーマーなどで,外から足元を

守ってあげることも大切なのですが,

動かすことで,中からしっかりぽかぽかさせて行きましょう!

続きを読む... "春分~二十四節気とカラダ~"

09:57 AM | 固定リンク | トラックバック (0) | 感想・コメントはこちら (4)

2009年03月05日

啓蟄~二十四節気とカラダ~

今回のテーマ

Keititu1

3月5日~3月19日

冬至を越えて徐々に太陽の差す時間も増え、少しずつ地球もあたたまってきます。

冬に縮こまっていたからだを動かして「働きモード」に変えていく時季です☆

ここのところ、雪が降ったり、かと思うとちょっと暖かい日があったりと

セルフメンテナンスも大変な日々が続いていますが、

みなさんはいかがお過ごしですか?

ゼモン治療院でも、冬に風邪をひかなかった方や、ひいても大して発熱せず、

半端に終わってしまった方々の中で、この時季に再度風邪及び発熱する方が

いらっしゃいますwobblyspa

実は‥‥、この時季の発熱は花粉症の症状とおもしろい対比をみせてくれます。

発熱した方のなかで、花粉症の方が、みなさんおっしゃることには…

「発熱してから、花粉症の症状が出ない(もしくは楽になった)!」

タク先生いわく、冬場の食べすぎ、飲みすぎでの内臓の負担を、

熱でリセットできない半端な状態が、花粉症なんだよ、とのこと。

必要に応じて発熱ができるカラダも、しなやかカラダってことになのです♪

Keititu2

とはいっても、花粉症の症状が出ている方も多いことでしょう。

ということで、

花粉症対策レシピ~第3弾~

行きたいと思います!

続きを読む... "啓蟄~二十四節気とカラダ~"

08:57 AM | 固定リンク | トラックバック (0) | 感想・コメントはこちら (0)

2009年03月04日

一粒万倍日

Photo_2

患者さんから頂いた手作り雛人形

明日、3月5日は二十四節季の「啓蟄」ですが

また、選日として 一粒万倍日 という日でもあります。

さて、その一粒万倍日ですが、

「一粒万倍」とは稲の事を指すようで、

一粒の籾(モミ)をまいておけば、

万倍の籾(モミ)をつける稲穂となるという事の例えのようです。

例え、わずかなものでも、時が経って増えて多くのものを

生み出せるなんだよ~ upup という、

イケイケ&アゲアゲのきっかけを作る日という事になるそうですsign03

続きを読む... "一粒万倍日"

08:57 AM | 固定リンク | トラックバック (0) | 感想・コメントはこちら (0)

2009年02月18日

雨水~二十四節気とカラダ~

今回のテーマ

Usui1

山や寒冷地の雪や氷が融け,川にその水が流れ始める時季です♪

梅もいよいよ本格的に咲いて来ましたね。

先日の「春一番」の日あたりから,どうも,花粉症の症状がどっと出てきた方も

多いようですが,みなさんはいかがお過ごしですか?

前回お話したように,冬に食べ過ぎなどで,冬に関係の深い臓器「腎臓」が

疲れてしまっていると,その疲れのツケが,春に「肝臓」にきてしまいますweep

その肝臓の疲れが,花粉のような異物を過敏に反応させてしまい,

鼻水だらだら,目しょぼしょぼ&かゆかゆになってしまうというのが

花粉症のしくみです。

でも,症状が出てきてしまっても,それを軽減することはできますshine

Usui2

前回に引き続き,sun花粉症対策レシピsunをお送りします!

続きを読む... "雨水~二十四節気とカラダ~"

10:01 AM | 固定リンク | トラックバック (4) | 感想・コメントはこちら (0)

2009年02月04日

立春~二十四節気とカラダ

今回のテーマ

Rissyun_2

いよいよ,冬も終わり,暦上では一足早く春となりました☆

江戸時代までは,立春の日が元旦として,新しい1年が始まる日とされていたそう。

お正月についだらだらしてしまった皆さんは,

今日から,新年気分で過ごしてみてはいかがでしょうかheart

.

春の声を聞くと思い出すのが「花粉」。

冬の頃からチラチラとお話していますが,

冬の食べ過ぎなどで内臓が疲れていると,この春になってから,

疲労のしわよせが春と関係の深い臓器,「肝臓」にきます。

肝臓が過敏状態になってしまうことで,

花粉のようなそれほど人体に害のないものでさえ,

「異物」として,カラダは排除しようとしてしまうというのが,

整体的な花粉症の考え方なのですpencil

「もう,食べ過ぎの冬はとりかえせないじゃない!!」という方も

いらっしゃると思います。

そんなあなたにオススメのレシピを。

paper 肝臓あたため paper

肝臓は,みぞおちの少し右あたりにあります。

右を上にして横になり,手でほんわかとあっためてあげましょう。

目も一緒にあたためるとより効果UPです☆

Rissyun3

続きを読む... "立春~二十四節気とカラダ"

08:57 AM | 固定リンク | トラックバック (0) | 感想・コメントはこちら (0)

2009年01月20日

大寒~二十四節気とカラダ~

今回のテーマ 

Daikan2

1/20(火)~2/3(火)

.

一年で一番寒いのが今の時季。

ここを越えると立春。暦上では春となり、徐々に気温が上がって参ります。

先日、タク先生が出張された台湾などでは、この時季に旧正月という

年始を祝うイベントが盛んに開催されます☆

旧正月は旧暦の元旦のことで、二十四節気の雨水の直前の朔(=新月)

に行われるそう。ちなみに2009年の旧正月は1月26日だそうです。


さて、年末年始のお休みも過ぎ、普段の生活に

からだも心も馴染んできたのではないでしょうか?

ゼモンでは、今の時季、首~肩のコリや重さが気になる方が続出しています。

この原因の一つが、年末年始の食べ過ぎや、いつもより動いてないことによる、

余剰エネルギーなのだそう。

首・肩が辛くなくても、

「なんだか食欲が止まらなくって~」、「ついつい食べ過ぎてしまうのよね~」

なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな皆様、からだは冷えてしまっていませんか?

からだ(特に足)が冷えた状態だと、満腹のサインがからだになかなか伝わらず、

いつまでも食べ続けてしまいます。

やっとお腹がいっぱいになっても、からだが欲してるものでなかったりすると、

さらに空虚な感じになってしまったり…。(そしてまた食べてしまったり…(^-^;)

Daikan3

そこで、【食べ過ぎ予防レシピ】を!

spa食べる前にからだをあたためるspa

続きを読む... "大寒~二十四節気とカラダ~"

08:57 AM | 固定リンク | トラックバック (0) | 感想・コメントはこちら (0)

2009年01月05日

小寒~二十四節気とカラダ~

今回のテーマ

Syoukan1_2

1月5日~1月19日

2009年,初めての節気です。

年末よりさらに寒くなり,冬の寒さも本番!

いよいよ寒さもピークに近づいてきた…

本来はそんな時季なのですが、

今年はなんだか暖かい日が週1くらいでやって来て、

調子が狂ってしまいますね。

.
さて、年が明けて、みなさんはいかがおすごしでしょうか?

毎年お話している気がしますが…

食べすぎたりはしていませんか~?(笑)

私も何を隠そう、毎年のように、

年末年始はお節やらお雑煮やらを食べて、

箱根駅伝をみて、だらだら~、

仕事始めには

「も~ダメ、早くカラダを動かす日常に戻りたい!」

なんて状態になっております。

そしてここ数年、食べすぎが数日続くと必ず出てくる症状が、喉痛や咳。

タク先生いわく、

「咳が続くのはその人の無駄なカロリーを消費するため」とか!

風邪の後などに咳だけ残ってしまい、妙に長引くことってありますよね。

そんなときにオススメなのが、「炭水化物・糖分抜きダイエット」!

Syoukan2

続きを読む... "小寒~二十四節気とカラダ~"

08:57 AM | 固定リンク | トラックバック (1) | 感想・コメントはこちら (0)

2008年12月22日

冬至~二十四節気とカラダ~

今回のテーマ

Touji1_2

12月21日~1月4日

一年の間で,昼間sunの時間が一番短いのがこの冬至の日。

以前は,この冬至の日=クリスマスxmasの日だったという説もあるようです。

冬の季節snowとしては,真ん中くらいの時期で,この後,もう少し,寒くなります。

前回も,この時期の食欲爆発impactなんてお話をいたしましたが,

増えた食欲restaurantの処理は胃腸が行い,胃に負担がぐっとかかってきます。

(それで,前回は「正座で寝」をオススメしました♪)

胃は太ももや膝だけでなく,目eyeともつながりがあり,

胃に負担があると,目の疲れもでてきてしまいます。

ただでさえ,湿度が低いこの時季,目は乾燥wobblyしやすいうえ,

12月はお仕事や家事も大忙しrundash

さらに胃腸の疲れから目に負担をふやしてしまうと,

目はてんてこ舞いsweat01

ゼモン治療院でも,ここ数日,タク先生に

目やにをとりのぞいてもらっているような人が続出してますcoldsweats01

さらに,目の緊張は頭の緊張にもつながります。

目をゆるめて,キラキラshineeyeEYEで新年を迎えましょうfuji

.

【キラキラEYElovelyレシピ】

★ホットパックであたため

市販のアイパック(ジェルの入ったもの)や,こんにゃくを温めたもの,

どうしても何もない場合はぽかぽかの手のひらでも♪

目のうえにのせて,目をじんわりあたためますheart04

Touji2

★わきの下あたため

目の経絡は,わきの下ともつながっており,目が疲れているときは

わきの下が縮こまっています。

わきの下に先述のホットパックをのせたり,手であたためたり。

じーんわり,目がゆるむのが感じられると思いますhappy01

続きを読む... "冬至~二十四節気とカラダ~"

08:57 AM | 固定リンク | トラックバック (0) | 感想・コメントはこちら (0)

2008年12月06日

大雪~二十四節気とカラダ

今回のテーマ:大雪(たいせつ)

12月7日~12月20日

.

fujiだけではなく、平野にも雪snowが降ってくるという意味の節気です。

この頃になると、各地で氷penguinが張るようになるそうなのですが、

今年はあたたかく、氷点下になった日があるかないか‥‥という感じです。

また、この頃から年末年始の準備が始まります。

神社などでの、すすはらいや、しめ縄作りなどのニュースも

この頃から始まります。

.

気温が低くなり、「なんだかからだが動かしにくくなってきました~」なんて声も

ちらほら見られるようになってまいりました。

寒いと、ついついからだが縮こまってbearingしまったり、

動かすのがおっくうになってしまったりしますよね。

以前は風邪予防で寝室の加湿mistをオススメしましたが、

今回は寝るときの 「はらまき」 をおすすめしたいと思います!

shine骨盤レディshineのみなさんは、レッグウォーマーやはらまきの

ポカポカグッズは日常でバシバシ取り入れてくださっていると思います☆

寝ているsleepy時間は、骨盤が開き、内臓がのびのびhappy01と働いて、

一日分のからだの不要物をしっかり排出できるかたちに

してくれるメンテナンスheart02タイムnight

このとき、骨盤まわりが冷えていて、カチカチpoutになってしまっていると、

翌朝、出るものもでなくなったりweep

出ないまま数日経つと、お顔に「あれ?」、吹き出物impactがでてしまったり。。。

パジャマの上から、ゆったりサイズのしめつけないはらまきをして

(タク先生は「バカボンのパパのように」なんて言ってましたcoldsweats01)、

Taisetsu2_2

moon3の骨盤や内臓も、元気いっぱいupにしてあげましょう!!

続きを読む... "大雪~二十四節気とカラダ"

09:57 AM | 固定リンク | トラックバック (0) | 感想・コメントはこちら (0)

2008年11月22日

小雪~二十四節気とカラダ

今回のテーマ:小雪(しょうせつ)

11月22日~12月6日

.

暦上では,冬とはいえ,まだ雪がそれほど降っているわけではない‥‥

という意味の節気です。

ここのところ,都市部では特に,暖冬sunの傾向が強まっているせいか,

この時期に雪snowが降ることはまれですね。

高い山fujiなどをみると,頂に白い雪をみることができるでしょう。

また,朝,息が白くなるのもこの頃と言われています。

.

今週の半ばくらいから,また一段ぐっと冷え込んできましたねsaddash

実際に,朝の通勤時には,息が白くなり,手先が冷えたり,耳が冷えたり。

そんなことも増えてきて,「ああ,冬ってこんな感じだったよなぁ~」なんて

毎年のように,新しく思い出すような新鮮な気持ちになります。

朝や晩にぐっと冷え込んでくると,からだも冷えてきますが,

そんなときに,オススメのアイテムは「耳あて(イヤーマフラー)」。

ゼモン治療院スタッフは,もう続々,with耳あてearで通勤しているようですrun

「耳があたたかいだけなのに,なんだか気持ちまで癒される~heart04」感じだそうです。

Syousetsu1

なぜ,耳をあっためるとよいのでしょう?

続きを読む... "小雪~二十四節気とカラダ"

09:57 AM | 固定リンク | トラックバック (0) | 感想・コメントはこちら (0)

2008年11月07日

立冬~二十四節気とカラダ

いよいよ暦上では,冬が始まりました。

10月も末くらいから,ぐんと気温が落ち,朝晩はしっかりとした上着がないと

凍えてしまいそうになってきました。

まだ真冬ほど寒くは感じませんが,日の入りが日々早まり,

太陽の光自体も弱まってきますbearing

当然ながら気温も日々下がり‥‥なぜか日の当たる時間が少なくなると,

無意識のうちに不安感が芽生える傾向があります。

野生の動物はその不安感により,木の実をせっせと集めたりして,

冬眠に備えるわけですが,人間は,冬眠をしないくせに,

食欲が増え,からだに栄養をため込もうとしてしまいますsweat01

それもこれも,冬と関係の深い臓器,「腎臓」のせい。

なんだか,一年中ほとんど,腎臓の影響を受けている気もしないでもないですが,

特にこの季節には,腎臓が活発に動くことで,腎臓の司る「おそれ」の感情に

とらわれやすくなります。

といっても,なんとなく不安‥‥という状態をいつまでも続けていられないのが

元気いっぱい骨盤GIRLですよね!

Ritto_5

続きを読む... "立冬~二十四節気とカラダ"

08:57 AM | 固定リンク | トラックバック (2) | 感想・コメントはこちら (0)

2008年10月23日

霜降~二十四節気とカラダ

今回のテーマ:霜降(そうこう)
10月23日~11月6日

.

霜降、文字通り、霜mistが降りる時季です。

都市部では感じにくいですが、実際に畑など、土が見える場所では

朝晩の冷えこみで霜がみられるようです。

maple紅葉の季節でもあり、ニュースtvなどでも連日放映されてますよね。

まだ東京ではそれほど冷え込んでいませんが、

暦では土用に入り、秋から冬へ移り変わる時季でもあります。

紅葉mapleも、この季節の果物、も、オレンジ色。

うっすら寒くなったこの時季に、オレンジ色はなんだかあたたかく感じますね。

気温が落ちて来たここのところ、なんとなく食欲が増えてきた感じが

する方も多いのではないでしょうか。

昔から、「食欲の秋」とはいいますが~、やたらめったら甘いものcakeとか、

脂っこいものnoodleとか、ジャンクフードfastfoodなどが食べたくなるのは、

からだの感受性が、おかしくなってしまっているwobbly証拠。

正しい味覚、食欲の状態にカラダをもどしてあげるのに

オススメなのは、やっぱり腰湯

sweat01を出すことで、濃くなりすぎた胃液が薄まり、

消化能力も落ちるため、そうそう山ほどfujiは食べられなくrestaurantなります。

そして、ゼモン治療院でもだたいま人気のグッズ、「梅雲丹」

Soukou1

続きを読む... "霜降~二十四節気とカラダ"

08:57 AM | 固定リンク | トラックバック (0) | 感想・コメントはこちら (0)

2008年10月08日

寒露~二十四節気とカラダ

今回のテーマ:寒露(かんろ)

10月8日~10月22日

.

寒露とは,草木に冷たい露が宿る‥‥という意味です。

気温も湿度もぐっと下がり,秋が深まって参りましたね。

農作物の収穫が盛んになり,ちょうど今週末あたりに秋祭りの地域も

多いのではないでしょうか?

.

秋祭りは,新刊『かわいい暮らしのからだ暦』(ポプラ文庫)

Photo

の10月(神無月)の欄にも詳しいですが,

秋の寂しさや悲しさを解消するのにとっても良いきっかけだったりします。

今の時季の悲しさweepは,気温や湿度の低下により,

呼吸器に変化が起き始めるから。

.

秋は肺臓が活発に働く時季で,肺臓と悲しさcryingはふか~い関係があります。

今時は祭りに参加しない方も多いと思いますので(かくいう私がそうです),

そのかわり,スポーツtennisにいそしんだり,イベントを企画したりmemopencilとか,

ワイワイしたり,からだを動かしたりrunしているうちに,なんだかスッキリしてきたりしてhappy02

そこで新しい出会いがあり,寂しさはいつのまにかなくなっていたりheart02なんてことも。

Kanro1_3

続きを読む... "寒露~二十四節気とカラダ"

08:57 AM | 固定リンク | トラックバック (1) | 感想・コメントはこちら (1)

2008年09月23日

秋分~二十四節気とカラダ

今回のテーマ:秋分
9月23日~10月7日


今年もやってきました。
年に二回の骨盤体操・肩甲骨体操のチャンス時季です★

春分の日,秋分の日は
「昼sunと夜mistの長さが同じになる」日。
人間はじめ,生き物は太陽や月の運行に影響されて生きています。
昼と夜が同じ長さになることで,
からだもニュートラルになりやすくなるのです♪
今日からしばらくは,意識して毎日,骨盤体操を行ってみましょう!
今まで変わらなかったからだのクセが
いつのまにか改善するかもしれませんよ!!

太陽は真東からでて,真西に沈みます。
秋分に太陽が沈む場所を「彼岸」といい,
ここに極楽浄土があると言われているとか。
虹のふもとを探すような,なんとも果てしない話ですね~。

          *               *             *

誰もが夏の終わりを感じるような朝晩のひんやり感がでてきましたね。

8月の終わり頃,今年は〈ゲリラ豪雨〉なんていう現象が出現しましたね!
東京近郊では,何でも,新宿の高層ビル群に地表付近の風があたり,
行き場を失うことで上昇気流となり,
風下に大雨を降らせる雲ができやすいとか(@o@)。

Syubun1_4

もちろん,ヒートアイランド現象で,局地的に気温が高くなることで,

気流が乱れて大雨が降るということが大雨の原因と言われているのですが,
狭い範囲の話をすると,新宿ビル群の風上よりも,
風下の方が強い雨rainの頻度が高いのだそうです。

人の力で自然が変わってしまうって,すごいことでもあり,
大変なことでもありますね。

続きを読む... "秋分~二十四節気とカラダ"

09:57 AM | 固定リンク | トラックバック (1) | 感想・コメントはこちら (2)

2008年09月06日

白露~二十四節気とカラダ

今回のテーマ:白露(はくろ)
9月7日~9月22日

「陰気ようやく重なり、露凝って白し」ということから名付けられた節気です。
秋がやってきて,朝晩の気温が低くなるため,草花に朝露がつくようになる
‥‥という意味になります。
暦上では,秋も半ばになります。

          *               *             *

もう,秋になっちゃうのかしら~,とか,まだまだ蒸し暑いspaです!
とか,いろんな感想が出る,この時季ですが,特に朝晩の気温の低下により,
「朝起きたら,喉がイガイガしちゃって~(T_T)」なんて症状の方が激増します。

気温が下がると,その分空気中に存在できる水分の量も減ります。
そのことで自動的に空気が乾燥してくるんです。

朝の起き抜けは乾燥の度合いがわかりやすいですが,
昼間も粘膜の乾燥を感じずにはいられません。気付いたら,
口のなかがカラカラしている感じや,目がシバシバしている感じ。
夏に比べると,なんだか肌もカサカサして,潤いがなくなってきたかも‥‥。

粘膜が乾燥しているってことは,からだの中の細胞も乾燥しているのです。
また,骨盤タイプ(『骨盤教室』はじめ,タク先生の本に詳しく書いてあります!)
によって,乾燥の症状は違ってきます。

続きを読む... "白露~二十四節気とカラダ"

09:57 AM | 固定リンク | トラックバック (0) | 感想・コメントはこちら (0)

2008年08月23日

処暑~二十四節気とカラダ

今回のテーマ:処暑(しょしょ)
8月23日~9月6日


昼間はまだまだ暑い日が続きますが,
一頃に比べると,むっとする暑さがなくなってきた感じがしますね。
特に朝晩は涼しい風が吹いたりして,
気持ちがいい日が増えて参りましたhappy01

暦の上でも,「暑さがおさまる」という意味の節気です。

          *               *             *

暑さが一段落してきたとはいっても,まだ昼間は暑い日々が続いています。

この頃になってくると,ぐぐっと疲れてくる臓器があります。
それは,腎臓ちゃん。
体の中では「水分処理係」を担当しています。

「あつい~」なんて言ってガンガン飲んでいた
冷たい飲み物やら,アイスやら。
または
「あつい~~!!」なんて言ってガンガンにかけていた冷房やら。
または
「あついんだもん!」なんていってしてきた薄着。

 

Syosyo1_4

腎臓ちゃんは慢性的に冷やすとフリーズして働かなくなります。
近代社会環境は、実は腎臓ちゃんには「試練の夏」。
でも,ここまで頑張ってきた腎臓ちゃんも,
いよいよエネルギー切れになってきます。
特に,気温の低下により,汗が今までのようにかけなくなってくると,
汗によって排泄していた分が,出せなくなり,さらに負担が~sweat02

続きを読む... "処暑~二十四節気とカラダ"

09:57 AM | 固定リンク | トラックバック (0) | 感想・コメントはこちら (2)

2008年08月07日

立秋~二十四節気とカラダ

今回のテーマ:立秋
8月7日~8月22日


暦上は,本日より〈秋〉mapleです!

とてもそうは思えない暑い日が続いていますが,
昔の中国の人々は
「この日から先はこれ以上暑くならない」
日としてこの日を決めたそうです。

確かに,今とても暑いですが,
これ以上暑くはならないですよね~
(と思いたい‥‥!)。
あとはこのままか,涼しくなるだけです。

ちなみに,本日を境に「暑中見舞い」
「残暑見舞い」になります。confident

          *               *             *

秋になると,活発にはたらいたり,
メンテナンスを始めたりとキーポイントになる臓器があります。
それは,「肺臓」です☆

まだまだ暑いため,冷たい飲み物を飲んだり,
冷房をガンガンにかけたりしている方も
いらっしゃるのではないかと思いますが,
からだに冷えが残ったまま秋を迎えてしまうと,
「肺臓」への影響が大きくなります。sweat01

五臓と感情の関係はタク先生の著書
『かわいいこころ』(幻冬舎文庫)に詳しいですが,
肺臓と関係が深い感情は「悲しみ」weepです。

ちょっとしたことで彼氏や友達ともめてしまったりしたとき,
なんだかとっても悲しくなったり。
TVや映画を見た後,
いつもよりも悲しい気持ちをひきずってしまったり。
ついつい遺書なんて書きたくなってきてしまう(^^;)
なんて方もいらっしゃるかも。
特に,気温が落ちてきて皮膚呼吸ができなくなってくると,
その傾向も強まってきます。
急に呼吸器系の風邪をひいてしまう,
なんてことにもなっちゃいます。wobbly

そうならないためには,今のうちから,
余計な冷えをからだにためこまないことが大切。
引き続き「腰湯」spaは続けておきましょう!

ちょっと悲しい気持ちになったときも,
腰湯で皮膚呼吸や発汗をうながしてあげるだけで,
楽~upになります!
悲しいあまりに泣いてしまうっていうのもアリかもしれませんが,
目が腫れたりeye,頭がガンガンthunderしたりと,
女の子にはあまりいいことはありません(T_T)。

汗は心の涙。
ちょこちょこ出してあげて,スッキリ爽やか,
秋の空のような心を目指しましょう。fuji

続きを読む... "立秋~二十四節気とカラダ"

08:57 AM | 固定リンク | トラックバック (0) | 感想・コメントはこちら (0)

2008年07月24日

大暑~二十四節気とカラダ

今回のテーマ:大暑(たいしょ)
7月22日~8月6日


とにかく,一番暑いのがこの時季sun
太陽の位置も高く,年間での最高気温が記録されるのも,
この時季が多いです。

budはこの熱気と強い光によって,成長します。
逆にこの頃に熱や光が足りないと,
稲不足にもつながったりと,大切な頃でもあります。

          *               *             *

7月19日からいよいよ「夏の土用」に突入しました!

夏に関係の深い臓器「心臓」から,
土用の臓器「脾臓」に,
負担やメンテナンスが移りかわる時季です。

暑いあまりに,食欲が自然に落ちたりしている方もいらっしゃると思います。
また,冷たくって甘いものcakeや,
逆に夏バテ防止などという名目で,
揚げ物やらこってりしたものnoodle
がつがつ食べたりしてはいませんか?

脾臓と胃腸はとっても関係の深い、
兄弟geminiのような臓器同士。
脾臓がメンテナンスを行っているこの時季に,
胃腸の負担もかまわず食べ過ぎを続けていると,
全身が重く感じたり,気分もクヨクヨしてしてきたり,
さらには胃腸炎や口内炎になってしまうことも。

特に,炭水化物をたくさんとると,
内臓に負担が大きく,熱がたまりやすい。
結果として各臓器がへとへとになってしまい,
それこそからだが〈夏バテ〉状態に。

続きを読む... "大暑~二十四節気とカラダ"

08:57 AM | 固定リンク | トラックバック (0) | 感想・コメントはこちら (0)

2008年07月07日

小暑~二十四節気とカラダ

今回のテーマ:小暑(しょうしょ)
7月7日~7月21日


夏至がすぎると,徐々に太陽に地面が熱せられて,気温が上昇して参りますupwardright
この小暑の間に梅雨が明けることが多く,夏らしくなってくるのがこの時季です。

「暑中見舞い」を出すのも今です。次の節気〈大暑〉までが暑中見舞いの時季で,
立秋が来てしまうと,「残暑見舞い」になります。

7月19日には夏の土用もやってきます。

その後・・・そろそろ旧暦では秋。私たちの一歩先を行くのが和の暦なのですね。

          *               *             *

季節と五臓(肝臓・心臓・脾臓・肺臓・腎臓)の関係は,
タク先生の著書やブログでも
度々ご紹介させていただいていますが,
夏に関係の深い臓器,「心臓」が今まさに,活発になっています。

気温が高いこともあり,心臓は頑張りrun,さらに血流量も多くなっている状態。

心臓がヒートUPしていると,ついつい冷たいものが欲しくなったりします。
しかも,ついつい甘くて冷たいアイスやかき氷などがなんだかおいしそうに感じたり。

心臓と舌というのも,非常に関係が深いのですが,心臓がヒートUPすると,
舌が熱をもつようになります。舌が熱をもつと,冷やしたくなる。
これが冷たいものが欲しくなる理由。

しかも,そんな状態の舌に,正しい味覚があるはずがありません。
甘い物cakeだけでなく,味覚を感じるために、
味の濃いものをどんどん欲するようになるのです。
そんなものばかり食べていたら,と考えると‥‥,おそろし~ですよねwobblysweat01

続きを読む... "小暑~二十四節気とカラダ"

08:57 AM | 固定リンク | トラックバック (0) | 感想・コメントはこちら (0)

2008年06月21日

夏至~二十四節気とカラダ

今回のテーマ:夏至(げし)
6月21日~7月6日

夏至。「日長いこと至まる(きわまる)」といい,
「昼の長さが一番長い日sun」です。
太陽が北よりになり,昼の長さと夜の長さが約2:1になります。

しかし,夏至の時よりも,もっと暑くなってから
「夜がながくなったな~」と感じる方も多いのではないでしょうか。
だいたい夏至の頃は,梅雨まっただ中なので,
昼は基本的に薄暗く,曇りcloudか雨rain
昼が長い実感があまりわきません。

7月1日からの雑節(※)〈半夏生(はんげしょう)〉になると,
「天から毒が降ってくる」と,
「この日には井戸にふたをしろ」
とか,
「この日の水は飲んではいけない」
ということを言われたそうです。
湿気と気温もぐっと高くなるので,
食中毒に対する注意を喚起する意味でいわれていたのでしょう。

とはいえ、農作物budを育てるには、
この時期の滋養たっぷりの雨rainはとっても大切。
(滋養がある分余計くさりやすいともいえるので、注意が必要なんですねflair

※雑節とは:
二十四節気以外に暦に記載されているもののこと。
節分や,土用もこれにあたります。

この時季は引き続き,湿気も気温も高く,
雨が降るとジメジメ~,晴れてもムシムシ~なんて日が続きますね。
こんなとき,カラダではどんなことが起きているのでしょう?

続きを読む... "夏至~二十四節気とカラダ"

09:57 AM | 固定リンク | トラックバック (0) | 感想・コメントはこちら (1)

2008年06月05日

芒種~二十四節気とカラダ

今回のテーマ:芒種(ぼうしゅ)
6月5日~6月20日
「芒種」とは, 稲や麦などの種,の意味。
麦の収穫が終わり,田植えcloverの全盛期で多忙になる
・・・と言われていますが,
現在は,GW中に田植えというパターンが増えていますね(^_^)。
青々とした田んぼ,夜になると鳴く蛙が季節を感じさせます。
雨が長い日数降りしきり、
食物の成長に欠かせない「恵の時期」ともなるわけです。

暦上は6月11日に入梅rainと言われています。
でも今年はもう,関東甲信地方は6月2日に梅雨入りしたようです!
これからは,雨が降ってじめじめ~coldsweats01sweat02
なんて日がどっと増えてきますね。
※ココログにて「湿気対策」の新連載も始まりまーす!乞うご期待☆
この時季はとにかく湿気が高くなります!
春や秋とは違って,気温も高くなっているので,
その分,空気中にも水分が多く存在できるんです。
洗濯物が乾かないsweat02
お風呂にカビが~っbearing
なんてことも起きますが,
実は、【体内の水分】もうまく循環しなくなっています。
外気がじめじめしていると,それにつられてカラダのなかの水分も
じめじめ~っと体内に滞ってしまったりするのです。。。

こんなときは,からだマガジンでもお話があったばかりですが,
やっぱり腰湯sign03

続きを読む... "芒種~二十四節気とカラダ"

08:57 AM | 固定リンク | トラックバック (1) | 感想・コメントはこちら (0)

2008年05月22日

小満~二十四節気とカラダ

今回のテーマ:小満(しょうまん)
5月21日~6月4日
「小満(しょうまん)」とは,
麦の実が次第に育ち,充実してきた様子を感じ,
ほっと一息つく農民の心heartを表したものとも言われています。
ちょっと田舎に行くと,麦畑が青々とし,きれいな麦の穂が出ているのが見えます。
ツバメが忙しそうに巣作り,子育てをするのもこの時季です。

沖縄では,梅雨は五月中旬から六月下旬ごろで,
二十四節気の小満(しょうまん)と芒種(ぼうしゅ)にあたります。
なので,この時期の雨を沖縄では
「小満芒種(しょうまんぼうしゅ)」と呼んでいるそうですよ。

木々も青々cloverとし,爽やかな時季ですが,
外の様子とはうってかわって鬱々shockとしている方も少なくないのでは?

特に,GWあたりから調子が悪いな~なんて方は要注意!
Z-MON治療院スタッフによると、連休明けに,みなさんから,
「GW中に,何故か食事が終わってから気持ち悪くなって,
数日食べられなかったんですよ~sweat01
なんてお申し出があったそうですよ☆

前の節気「立夏(りっか)」の前2週間は,【春の土用】でした。
東洋医学の世界では,〈土用〉も季節の一つ。
五臓でいうと,「脾臓」と関係が深い時季です。
この頃,春の食べ過ぎや,過剰なエネルギーtyphoonがあると,
吐き下しがおきたり,食事がとれない状態になったりします。

しかし,エネルギーが余っているの(だろう)に,
まだまだ食欲restaurantがとまらない!なんて方,いらっしゃいませんか?
食事の後,だる~くなったり,カラダがおも~いなんて方は要注意!
内臓が「もうだめだよ~bearing」とHELP信号を出しています!!

続きを読む... "小満~二十四節気とカラダ"

08:57 AM | 固定リンク | トラックバック (0) | 感想・コメントはこちら (0)

2008年05月05日

立夏~二十四節気とカラダ

今回のテーマ:立夏(りっか)
5月5日~5月20日
暦上では,夏立つ日で,この日から立秋までが夏ということになります。
桜も散り,花いっぱいのふわふわした空気から変わって,
新緑のさわやかな気候の日々となってきますwink
日を増すごとに新緑budが鮮やかになり、
山野には生気が走り、皐月風の匂いが立ち始めてきます。
夏のように温度の高い日も出てきますが,
その割に湿度が高くないため,過ごしやすい日が多いです。
ゴールデンウィークsunがこの節気にあるのもウレシイですね!

夏ととても関係の深い臓器は〈心臓heart01〉。
この頃から,心臓の動きが活発になります。
逆に春にうまく排水ができず,からだに余分な水分を残したままだと,
心臓に負担が来たり,水がたまってしまったりしてしまいます。

引き続き,腰湯やしゃぶしゃぶハイパ~で汗だしが必須ですね♪
タク先生は夏場「朝・晩 一日二回腰湯」を実行されてるそうですよ!

また,気温が高くなると,朝の通勤中,ちょっと早足で歩いたくらいでも,
電車の中で汗がたら~っsweat02とたれてくるようになってきますね。
例えば,お仕事場についたら,下着だけでも着替えると,
その後からだが余分に冷えることなく,快適にお仕事ができますYO!!!!!

外より「気温高め」なゼモン治療院では,
もうすでに,先生もスタッフの皆さんも,一日に3~5回は着替えてます☆
肌に着けているものって知らないうちにカラダに大きな影響を与えていますよね! 
お試しあれ~good

続きを読む... "立夏~二十四節気とカラダ"

09:57 AM | 固定リンク | トラックバック (0) | 感想・コメントはこちら (1)

2008年04月20日

穀雨~二十四節気とカラダ

今回のテーマ:穀雨(こくう)
4月20日~5月4日

穀物の生長を助ける雨が降る頃という意味の節気です。

実際,ここ数日雨が続いていたりもしますよね。
雨はやだな~なんて方もいらっしゃるかと思いますが,
この雨のおかげで,稲や麦が発芽したり,他の植物も,
一雨ごとに青々しくなっていきます。

また,八十八夜というのは,この節気の最後の方にやってきます。
(ちょうど立春から88日目のことです。)
お茶の葉摘みが始まり,新茶の季節でもありますね。
この節気が終わると,暦上は夏に入ります。

なんだか活き活きした生命力にあふれた季節のようですが,
それとは裏腹に「5月病かな?」なんて,やる気がでない方や,
いまいち調子がでないなんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ちょうど今の時季,暦上では「土用」に入っています。
この土用と関係の深い臓器が「脾臓」。脾臓といえば,
「憂い」という感情を司っているとも言われています。

続きを読む... "穀雨~二十四節気とカラダ"

09:57 AM | 固定リンク | トラックバック (0) | 感想・コメントはこちら (0)

2008年04月04日

清明(せいめい)~二十四節気とカラダ

今回のテーマ:清明(せいめい)
4月4日~4月19日

清明とは「清浄明潔」の略で,
「万物ここに至りて皆潔斎にして清明なり」
とという意味があります。
つまり,この時季は,桜が満開になり,
すべてのものが明るく・美しく見え,生命力にあふれているということです!

実際に気温も暖かくなり,桜につられて,ついつい春服に着替えてお出かけに‥‥
なんてこともしたくなります。
しか~し,だからといって,いきなりパンプスに
レギンスやミニスカートなんて履いていませんか~??

続きを読む... "清明(せいめい)~二十四節気とカラダ"

08:57 AM | 固定リンク | トラックバック (0) | 感想・コメントはこちら (0)

2008年03月20日

春分(しゅんぶん)~二十四節気とカラダ

今回のテーマ:春分

3月20日(木)~4月3日(木)


「昼と夜の時間が等しくなる」日が,春分の日。
この日を境に,昼間の時間の方が,夜よりも長くなっていきます。
また,春のお彼岸のお中日でもあります。

年に2日だけしかない,昼夜の長さが全く等しくなる日。

続きを読む... "春分(しゅんぶん)~二十四節気とカラダ"

09:59 AM | 固定リンク | トラックバック (0) | 感想・コメントはこちら (0)

2008年03月05日

啓蟄(けいちつ)~二十四節気とカラダ

今回のテーマ:啓蟄(けいちつ)

3月5日(水)~3月19日(水)

桃の花が咲き始め、地下の虫も冬ごもりしていた穴から現れる季節。
梅の花はもうすっかり咲いていますね。
昼間の時間も徐々にのび,一雨ごとに気温が高くなっていく時季です。
以前のように冷え込む日も少なくなってきました。

すでにブログでもご紹介しているように,花粉が飛び始めています。
「花粉症が今年もきました!!」なんて方も多いのではないでしょうか。
ゼモン治療院では,花粉症対策を年末くらいから始めています。
冬の間に肝臓・腎臓に負担をあまりかけていない状態で,
桜の時期を迎えることができると,
その年の花粉症の症状もぐっと軽減するはずです。

でも,もう症状が出てしまっている場合,どうしようもないのでしょうか?
そんなことはありません!
粘膜をうるうるした状態にもっていってあげることで,
症状をおさえることができます。
例えば,冬の乾燥でカラカラになってしまった粘膜を,
〈腰湯〉や〈水含み〉(「骨盤教室」P99参照),
または水を塩に変えた〈塩含み〉(水含みより強力です☆)
でうるおしてあげて,
花粉がくっついても炎症を起こさない「うるおった粘膜」を保ってあげること。
また,今からでも遅くないので,食べ過ぎ飲み過ぎを控えて,
臓器(とくに春の臓器,肝臓)の負担を軽くしてあげましょう。

続きを読む... "啓蟄(けいちつ)~二十四節気とカラダ"

08:57 AM | 固定リンク | トラックバック (3) | 感想・コメントはこちら (0)

2008年02月19日

「雨水」~二十四節気とカラダ

今回のテーマ:雨水(うすい)

2月19日(火)~3月 6日(木)


気温が少しずつ上昇するにともない,氷が溶け始め,

たとえば北海道では流氷がみられるようになる時季です。

草木も「芽生え」が始まります。

この頃になると,気圧配置にも春の気配が出てきて,

今まであまり雪の降らなかった太平洋側にも雪の日がでてきます。

この降雪により,乾燥のピークを迎えていた空気が一気に潤され,

これまで乾燥のため苦しかった呼吸が楽になります。

また,インフルエンザなどのウイルスは気温20℃,湿度20%の状態が

過ごしやすく,乾燥を好む傾向があります。

しかし,この湿度を50%にあげるだけでインフルエンザの生存率が

3%に減少すると言われているのです。

降雪があると,数日は雪が残りますよね。

その残雪の水分のおかげで,しばらくは適度な湿度が保たれます。

続きを読む... "「雨水」~二十四節気とカラダ"

08:57 AM | 固定リンク | トラックバック (0) | 感想・コメントはこちら (1)

2008年02月04日

新連載☆「立春」~二十四節気とカラダ

二十四節気とは,旧暦(太陰暦)において,

〈季節をあらわすための工夫〉として生み出されたものです。

季節というと,春・夏・秋・冬という四季をまずは思い出すことと思います。

この二十四節気では,1年を24に分け,それぞれの時季の自然現象などが

端的にあらわされています。

普段,つい忘れてしまう自然の流れを意識することもできますね。

もともとは中国の黄河地方でつくられたものですが,

当時日本を支えていた農作業,

農作物の成長の目安に適しているということで,

日本でも使われるようになった季節の目安です。

また,日本では,季節ごとに湿気や気温が大幅に変化します。

わたしたちは,なんとなく自然に過ごしているような気がしていますが,

カラダは季節に向けて,

カラダを整える工夫をしてくれているのです。

たとえばある季節におきがちなトラブルなどを前もって知ることができれば,

早いうちに,準備をしておくことができます。

自然の流れにカラダを合わせていくことで,

より快適で気持ちがいい毎日を過ごして行きたいですよね!

今回より,二十四節気とカラダの関係,それぞれの時季の過ごし方などを

2週間に一度お届けしてまいります!

----------------------
今回のテーマ:立春

2008年2月4日(月)~2月18日(月) の2週間

→旧暦では,立春が一年のはじめとなっています。

続きを読む... "新連載☆「立春」~二十四節気とカラダ"

08:57 AM | 固定リンク | トラックバック (0) | 感想・コメントはこちら (0)